« 走る煮干 | トップページ | この暑さじゃ勘違いもするよね »

2007.08.15

味の沁みたしらたき

しらたきなんて、よく考えてみれば「どこが美味しいのか判らない」食材なのだけれど、例えばすきやきのように、醤油と砂糖の味が染み込んだしらたきには、他の食材では追いつけない「美味しさの存在感」があるような気がする。

・・と、しらたきのご機嫌をとったところで(?)、急に思いついて作ったベーシックな一品。

しらたきの炒り煮

  • 豚肉薄切り、モモでもロースでもバラでも      300グラム
  • シラタキ、白でも黒でも                1袋
  • ワケギまたは万能ネギ                1束
  • 胡麻油                          大さじ1
  • 赤唐辛子(省略可)                  1本
  • ダシ                           200cc
  • 醤油                           大さじ2
  • 砂糖                           大さじ1と半
  • 七味唐辛子・すり胡麻・青海苔 お好みにより適宜
  1. シラタキはざく切りにして茹でこぼし、水を切っておく。 豚肉は2cm幅に切る。 脂が多い部位を使う場合は、さっと熱湯にくぐらせておくとよい。 ワケギは5cm幅に切る。
  2. フライパンに胡麻油を引いて、輪切りの唐辛子とシラタキを炒める。 中火でじっくりと。 ここでシラタキの水分を飛ばすのがポイント。
  3. 豚肉を加えて引き続き炒め、肉の色が変わったら、ダシ、醤油、砂糖を入れて炒め煮する。
  4. ほとんど煮汁がなくなったところで、味見をし、醤油と砂糖で微調整。
  5. ワケギを加えてさっと炒め合わせる。
  6. お好みで七味唐辛子や炒り胡麻、青海苔などを混ぜ込み、できあがり。

すぐにいただくのではなく、しっかり冷まして味を染み込ませてから召し上がってください。 5の過程で乾燥した粉末状の香辛料を混ぜ込むと、表面の余計な水分が吸収されて、格段に日持ちが向上します。 これはキンピラなどにも使える手。

炊き立ての白いご飯によく合う、日本のおかずです。

ちなみに・・。

昨夜からビールを解禁。 日頃から「私の血はビール」などと勝手にのたまわっている当方において、これは輸血に等しいことです。(笑) ようやく自分の体が自分に帰ってきたような、そんな感覚でした。 濃い目味のピリカラしらたきに、モルツ。 やっぱり夏は、こうでなくっちゃ!

|

« 走る煮干 | トップページ | この暑さじゃ勘違いもするよね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味の沁みたしらたき:

« 走る煮干 | トップページ | この暑さじゃ勘違いもするよね »