« 電話ボックスへのレクイエム | トップページ | 残念だなあ »

2007.08.27

青いパパイヤ

すっかり本州でも市民権を得た感のある沖縄料理。 特に夏場は本領発揮という感じがする。 素材の使い方も独特で、レシピを読んでいるだけでも興味をそそられる。 ゴーヤ、ヘチマ、昆布など身近なのに、自分が普段作っているものとは違う扱いで感心させられる。

昔、同じ職場に勤めていた仲間に、石垣島出身の方があった。 ある日どこかの飲み屋で宴会をやった時、〆のデザートに「パパイヤにバニラアイスを添えたもの」が出された。 彼女は隣に座っていた私にそっと尋ねてきた。 「ねえ、パパイヤ好き?」

「嫌いじゃないかな。 自分ではあんまり買わないけど、出されたら美味しく食べるよ。」 「じゃあ、私のパパイヤ、あげる。」 「いいの?」 「うん良かった、貰ってくれて。 でもアイスは私が食べるね。」 「うん、うん、もちろん。」

彼女は手を付ける前の器からパパイヤだけを器用に私の器に移した。 「パパイヤ嫌い? 石垣島だといっぱい作ったり食べたりしている印象があるけど・・?」 そう聞いた私に、彼女は意外な答えをした。

「パパイヤはね、嫌いじゃないの。 でも、熟して甘いやつはダメ。」

彼女の実家の庭にもパパイヤの木が何本もあり、ごくありふれたことのように花をつけ、実がなって、それをもいできては使っていたそうだが、専ら利用するのは未熟な緑色の実で、炒め物、煮物、サラダの材料としてだったらしい。 「へえ、じゃあ、果物としてじゃなくて、野菜としてみたいな感じ?」 「そうそう。 黄色いパパイヤなんてあっちでは誰も食べないよ。 東京に出てきて、お店で売っているのを見てビックリした。」 意外に思って聞いている私に彼女は続けた。 「だって、あっちでは、黄色くなるまで熟しちゃったら、パパイヤの中は虫だらけなんだもん。」 パカッと割った瞬間、中から虫がワッっと出てくるらしい。 ・・想像しただけでぞっとする。 「だからね、虫がつく前に食べちゃわないと。」 取り損ねられて木の上で熟したパパイヤを、子供の頃に採って食べようとした時に、中から虫がたくさん出てきて、その印象がインプットされるせいか、大人になると誰も手をつけなくなるという話を、彼女は教えてくれた。

私がお店で買うパパイヤは、全てが輸入品だ。 このところ完熟マンゴーの人気が高いが、ちょっと神経質に栽培して、虫の入っていない沖縄パパイヤを栽培したら、いい商売になるのかもしれない。

所変われば素材もいろいろ、使い方もいろいろ、食べ方もいろいろ。 食べることは生きることに繋がっているだけに、奥が深くて興味深い。

|

« 電話ボックスへのレクイエム | トップページ | 残念だなあ »

コメント

パパイヤに虫!知らなかったです。

パパイヤが安いニューカレドニアとかケアンズとか、普通にごろんごろんうっているパパイヤは結構実が熟していて日本でかうのよりずっとおいしいですね。現地でも虫がいないのはすごく消毒しているんでしょうかね。

そうおもうと、ちょっと、気持ちが、遠のいちゃう。

外国でもものすごく完熟までは木に成らせていないのだとおもいますが、うっすらと黄色くなるまで熟せば外国産よりも充分においしいと思うので是非、どなたか、袋をかけて、(薬じゃなくて)作ってほしいです。。

宮崎マンゴー。見ているだけで買えないです。高くて。

青いパパイヤはおいしいですよね。以前、パパイヤのチャンプルーをたべたら、歯ごたえのある大根?見たいな感じで癖がなくて、おいしかったのを思い出します。

でも、本州だと国産の青いパパイヤも結構な値段。再現できないです。

投稿: kumi | 2007.08.31 16:24

kumiさん、青いパパイヤ、美味しいですよね。
確かに青くても値段が高い・・(ーー;)

同僚だった方によれば、小バエのような虫だそうで、パパイヤの実に卵を産み付けてしまうというような話だったと記憶しています。 それで、ちょっとやそっとの「ネット掛け」では防げないということでした。

その「小バエチックな虫」が海外にはいないのか、天敵が多いのか、それとも農薬とか使っているのか、ちょっと判らないですが、輸入物ではまったく虫を見たことがないですよね。(もちろん検疫で厳しくチェックされているんでしょうけれど。)

宮崎の完熟マンゴー、確かに凄く美味しいけれど、ひとつ何千円もの価値があるか?、と、聞かれると、「ちょとな・・」かなあ。 リーズナブルで美味しい果物はたくさんありますので。 でも、誰かにいただいたら確かに嬉しいです。 わがままですね。

投稿: リーボー | 2007.08.31 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青いパパイヤ:

« 電話ボックスへのレクイエム | トップページ | 残念だなあ »