« ナメられてるのか? | トップページ | メカジキで »

2007.08.22

まっ、いいか

どんなに相手を大切だとか好きだとか愛しているとか言った所で、相手に対して「まっ、いいか」と思えない関係は長続きしない。 それは愛情の深さとは関係なく、もっと動物的な勘に基づいたもののようにも思うが、実は長いスパンで相手との関係を考える際には、こっちの方が重要なポイントだったりもするから厄介だ。

だいたい、「愛してる」だけで相手の全てが好意的に思える期間なんて、そう長くは続かない。 熱が冷めてゆくように、「愛してる」ことが当たり前の日常になるにつれて、盲目的に見えていなかったありとあらゆる「くだらないこと」が気になりだす。 客観的に考えれば大して重要なことでもなく、例えば脱いだ洋服をたたまないとか、メニュー選びに迷って決めるのが遅いとか、赤の他人が聞けば本当にどうでもいいことだったりするのだが、本人たちにとっては一度気になりだすと大問題だったりするのだ。

相当長い年月を別々の環境で、別々の暮らしをし、経験してきたことも学んできたことも別々のふたりが、ある日を境に顔を揃えてみたところで、自分の常識が相手の常識とピッタリ合うはずも無い。 ええっ?!、と、驚き怪しむような相手側の常識に翻弄されることもあるだろうし、それはお互い様だろう。 問題は、そこで自分の捕らえ方を微調整できるかどうかにかかっているのではないか。

驚き怪しみ頭にくるような状態に甘んじていたのでは、イライラが溜まるだけだ。 「自分には受け入れ難いけど、それはそれとして仕方がないのかも。」みたいな感じで、ちょっとだけ譲歩できれば、気持ちの上でずいぶん楽になる筈で、「それも相手の個性のひとつなのかも。」まで来れば大したものだ。

「まっ、いいか」と思える相手とは、実はお互いに、もう相手の存在そのものを肯定している関係に近いから、言いたい事も言えるし、悪態もつけるし、感情もぶつけられるし、開けっぴろげで飾らなくていいから楽なのだ。 「まったくオマエは相変わらずだよなあ」、なんて呆れ顔で言っても、「まっ、いいか」のベースがあれば怖いものはない。

「まっ、いいか」は果てしなくいい加減なようであり、実は人間関係のワイルドカードだったりもするのではないか。 ポーカーにおいての「2」のカードのように。

昨夜、5年ぶりぐらいに、「まっ、いいかの関係」の友人から電話があって、散々喋った挙句に思ったのはそんなことだった。 「まっ、いいか」は時間軸をも超越する価値観なのかも知れない。 「まっ、いいか」、恐るべし。

|

« ナメられてるのか? | トップページ | メカジキで »

コメント

こんばんわ。
オイラの心理をつかれた気がしてコメントしました~。
「まっ、いいか」って言葉が出てきませんでしたけど
同じような事を最近考えていました。
無関心とは違う「まっ、いいか」がいいですね。

投稿: クッスィ~ | 2007.08.22 22:06

クッスィ~さん、どうも。
そうそう、興味津々の上での「まっ、いいか」(笑)。

同時に仕事上では使われるべきでない「まっ、いいか」でもありますかね。 仕事上の「まっ、いいか」は、最悪に近いですから。 あくまでも、プライベートな関係において、かな。 ビジネスの相手とか社内ででそういった関係になる場合には、余程意識して頭を切り替えないと・・。 異性・同性を問わず。

「まっ、いいか」の関係が築かれてしまってからの方が、相手に対して使う言葉や表現はキツくなるような気がします。 ストレートにぶつけ合ってしまうから、第三者が聞いていると、「口喧嘩してる??」みたいに心配になったりすることもあるようですが、根本的に信頼関係があると、そんなことも可能になりますね。

こんなこと言ったら嫌われてしまうかな、なんて、顔色を窺ってびくびくしている内は、まだ関係の入り口なんだろうな。 そういう期間も必要なようには思いますけれど。 と、考えると、人間関係にも成熟の過程が何段階かあるようで、面白いですね。 そのうち考えてみようかな。

自分に厳しいタイプの人は、なかなか相手に「まっ、いいか」と思えない方が多いような気もしています。 そこを乗り越えれば楽なのになあ、と、余計なお世話で内心そんなことを思いながら、話を聞いていたりする機会も多いです。

投稿: リーボー | 2007.08.23 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まっ、いいか:

« ナメられてるのか? | トップページ | メカジキで »