« 嵐だ | トップページ | 不思議に思うこと »

2007.09.07

丼の上の秋

今年は鮮度の良いサンマが、しかもお手頃な値段で出回っている気がする。 塩焼き、刺身、酢でしめる、ショウガと甘辛く煮たものも魅力的。 蒲焼も大好きだが、今回は目先を変えて味噌風味で。

  焼きサンマ丼

  • サンマ           ひとり1尾
  • 味噌            ひとり大さじ1
  • 砂糖と日本酒       ひとり大さじ半分
  • 水              ひとり大さじ1
  • あればショウガまたは柚子の皮のすりおろし  少々
  • 小麦粉と胡麻油かサラダ油      適宜
  • 万能ネギまたは大根おろし、カイワレ大根、ミョウガ等お好みで適宜
  • ごはん(できれば麦飯や雑穀ごはん)   適宜
  1. サンマは3枚におろす。 腹骨をすき取り、ひれを落として、皮に数ヶ所切れ目を入れる。 長さを半分に切る。
  2. 味噌・砂糖・日本酒・水を耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで30秒ほど加熱するか、小鍋で練りながらひと煮立ちさせる。 手元にあればショウガ汁や柚子の皮を少々加える。(省略も可。)
  3. サンマに小麦粉をまぶし、油をしいたフライパンで皮側からこんがりと両面を焼く。  身が軟らかいのでフライ返しを使って。
  4. ごはんを丼に盛り、焼きあがったサンマを乗せ、合わせ味噌をサンマの上にかける。 お好みで小口切りにした万能ネギや薬味を天盛りに飾る。
  5. 身を崩して、全体を混ぜるような感じでいただく。

●この頃はおろした状態に作ってあるサンマも売っているようですから、忙しい時はそれを使えば楽。 ●薬味はお好みで、手持ちのものを使ってください。 七味唐辛子や粉山椒を振っても美味しい! ●アジやイワシを使って作ることもできます。 季節に合わせてどうぞ。 ●素朴な青魚の香りは、麦飯や雑穀米、玄米などと組み合わせると、美味しさが引き立つような気がします。

野菜たっぷりのおかずを添えて、お昼ごはんにでもいかがでしょう。

|

« 嵐だ | トップページ | 不思議に思うこと »

コメント

リーボーさん、こんばんは~♪
昨日は台風で雨や風が強くて大変でしたね。
ほんと9月は台風シーズンだと言いますが・・
先行き気になるところですよ。

ところで今日も美味しそうなメニューを
紹介して頂いていますね。
為になり有り難いです。

さんまは今シーズンだから美味しいでしょうね^^。
例えば塩焼きにする時は、普通の塩より粗塩の方が良いのでしょうか?


投稿: yuyu | 2007.09.07 22:17

台風、凄かったですね。 yuyuさんの方は大丈夫でしたか?
こちらでは土砂崩れがあって国道が通行止めになり、昨日の夕方にやっと一車線だけ開通しました。ほっ。(なにせ、山暮らしなもので・・苦笑。)

サンマの塩焼きの件ですが。
私はあまり拘らず、どちらも使います。 ちゃんと作るときには、化粧塩と呼んで、尾っぽやひれ、口先などに粗塩を集中的に付けて焦げ落ちるのを防ぐのですが、家で普段食べる時はそんなことは無視しています。笑。

粗塩はしっとりと水分が多目なので、均一に振ったつもりでも、「塩のかかった部分と、そうでない所がある」という感じになって、それが好きならば問題ないんじゃないでしょうか。 私は今、「粗塩」は西伊豆のものと安価な塩事業センターのもの、「焼き塩」はハワイ産のものとアンデス産のものをそれぞれ両方持っていて、気分によって使い分けしています。 サンマのように香りの強い食材では、塩が素材に圧倒されてしまうのか、出来上がり的には大差無いように感じています。

あっ、塩を振らないで、そのまんま素焼きにする時もありますよ。 たっぷり添えた大根おろしに醤油やポン酢をかけて、その味で食べたい時や、他のおかずの味が濃い目の時などは、塩分を控える為に素焼きです。

投稿: リーボー | 2007.09.08 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丼の上の秋:

« 嵐だ | トップページ | 不思議に思うこと »