« お墓 | トップページ | 「旬」は頭の中に »

2007.09.04

リーボー、煮物をもらう

昨日の夕方。 お店が集まっている地域の路地を横断しようとして、お店の駐車場の片隅で通ってゆく車をやり過ごしていた。 そこへ小学校低学年くらいの子供と母親がやって来て、私の隣で同様に車が切れるのを待ち始めた。 子供の手には炭酸飲料。 アルミ製の、飲み口がちょっと大きめでスクリュータイプのキャップがついているやつだ。

子供がスクリューキャップを捻って開けたと同時に、シュワーッと泡が溢れてきてしまった。 「わっ!!」、驚いた子供は焦ってキャップを元どおりに締めようとする。 すると、ボトルの中で高まっていた内圧が逃げ場を失い、キャップとボトルの狭い隙間から勢いの良い水鉄砲のように、ピューッとジュースが飛び出す結果を招くこととなった。

で、そのジュースが私の太ももの辺りを直撃したのである。 結構な勢いだったと見えて、避けたにも拘らず広範囲で濡れてしまった。

「ああ!ごめんなさい、ごめんなさい!!」慌てて謝る親子。 なんだかまだ呆然としている私に、頭を下げ続けている。 「ジーンズですし、家に帰るだけですから大丈夫ですよ。」 「どうしましょう。 本当にごめんなさい。」 「いやあ、びっくりしましたけど、洗えば済むことです。 故意じゃないのは良く判ってますから、ご心配なく。」 「いえいえ、それではこちらの気が済みません。 せめてお洗濯代くらい(負担させてください)。」 「いや、そんな、普段履きのジーンズですし、洗濯機でガシャガシャ洗えば良いですから、ホント、大丈夫です。」 ・・しばらく押し問答が続いて、ようやく向こうも落ち着いてきた感じだ。

「本当に良いんですか?」 「うん、大丈夫です。」 「申し訳ありませんでした。」 「いえいえ。 それでは・・。」 立ち去ろうとした時、母親が「あっ!」。 振り向いた私に、小さな袋を差し出して、「これ、そこの総菜屋さんでさっき買ってきた煮物なんですけど、良かったら召し上がってください。」 煮物そのものは割りとどうでもよかったのだが、ここで受け取っておかないと、母親の気持ちを無下にしてしまうようで、無視できない雰囲気があった。 「せっかく買ったのに、悪いです。」 「いえ、せめて受け取っていただければ、申し訳ない気持ちも少し治まります。」 「判りました。 じゃあ、遠慮なくいただくことにします。」 3人で笑ってお別れした。

私はお惣菜屋さんの商品を利用する機会が少ないので、どんな味なのか、どんなものなのか、興味深く楽しませてもらった。 いただいた煮物は、里芋と小イカの煮しめ、それから、一口サイズのおからハンバーグのようなもの。(食べても、何が材料かよく判らなかった。) 美味しくいただいた。

世の中、どんなタイミングで何が起こるか、不思議なものである。 ごちそうさまでした。 

|

« お墓 | トップページ | 「旬」は頭の中に »

コメント

この親子さんは、リーボーさんのような寛大な方でよかったですね。
中には、子供があまり好きでないと
「きをつけろぉおおおおお~~~!!」
と怒鳴る方もいますからね(経験者)。

不思議なご縁で買ったお惣菜に巡り合われましたね。

このお惣菜、夏バテで料理が出来なかった私がよく買っていたお惣菜みたい(^^;)
買ったお惣菜は、たまに食べるからおいしいのであって、続くと嫌になってきますよ~。

投稿: のんの | 2007.09.04 13:00

のんのさん、「経験者」ですか、辛いなあ。
まあ子供の注意力が足りなかったと言ってしまえば、それまでなんですけど、わざとふざけていた訳でもないし、普段からボーっとしている私は(リーボーのボーはボーっとしているのボーだと言われています。)、怒る気にはならなかったですね。 あっ、でも、ちゃんとしたオシャレ着だったら、状況は違っていたのかも・・(苦笑)。

たまに食べると「他所の味」は目新しいですね。 夕ご飯の一品が助かってしまったし、偶然ながらありがたかったです。 確かに続くと飽きそうな味付けだったかもしれません。 そのまんまお弁当のおかずになりそうな煮物でした。 甘味が濃くてしっかり味で。

いろいろな事情でおかずを作れない時に、手頃に買えるお店は、緊急避難場所として大事かも。

投稿: リーボー | 2007.09.04 15:20

リーボーさん、こちらでははじめましてですね。
先程は私のBlogに足跡残して頂けて有難うございます。
とても嬉しかったです。

何かをきっかけに物を貰うってありますよね。
私も旦那が以前まで入院していた時の事なんですけど
同じ入院患者で車椅子で移動されている方がいまして
全然話した事が無い方だったのですが
自販機のお茶を買いたいので、お金を入れて頂けないでしょうか?と
言われ、言われるがままにお茶を買って、その方に渡してあげたら
そのお礼にと言われて、ポケットに持っていた飴を貰った事があります。

リーボーさんの仰せの通り世の中、どんなきっかけやタイミングで何が起こるか、不思議なものですよね。

また立ち寄らせて頂きます^^。

投稿: yuyu | 2007.09.05 19:44

yuyuさん、いらっしゃいませ。
早速のご来訪、嬉しいです。(^^♪

思いもかけないタイミングで貰った飴、印象的だったでしょうね。 物をあげたり貰ったりするのって、大袈裟になるとちょっと面倒だったりもしますが、タイミングによっては心を伝えるのに有効なんだろうな、なんて思いました。 ちょこっと、っていうのがポイントでしょうか。 わざとらしくない程度で。

こんな感じで、ちんたらやっているブログですが、お時間がありましたら気軽に遊びにいらしてくださいね。 お待ちしています。

yuyuさんのブログにも、またよらせて下さいね!

投稿: リーボー | 2007.09.05 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーボー、煮物をもらう:

« お墓 | トップページ | 「旬」は頭の中に »