« ダブルベルガモット | トップページ | 戒め »

2007.09.13

こだわり

月に一度か二度、車椅子の義父と一緒に買い物をする。 車椅子のまま乗降できる車は施設で用意してくれるので、大型小売店と呼ばれるようなショッピング・モールへ。 通路が広いし陳列商品も多種に亘っているから、他の車椅子のお客さんとすれ違うこともそこそこあって、あまり目立たずに済むところもポイントかな、とも思いつつ。

外へ連れ出して世間の風を感じ、色々な商品を見たりすることが、刺激になったり気分転換になれば、という気持ちが、こちらにはあるのだけれど、それに反して父は限られた種類のものにしか興味を示さない。 季節に関係なく、いつも買いたいものは決まっていて、その売り場を通れば車椅子から乗り出すようにして、丁寧に商品を見比べたりするのだが、そうでない所ではあくびなぞして全く気が無い状態なのが、車椅子を押していても手に取るように伝わってくるのが、なんともおもしろい。 個包装のキャンディーの類、干し芋、柿の種、黒糖かりんとう、ある種のビスケット、バナナか温州みかん、そしてちゃんとしたパン屋さんのものではなく流通パン屋さんの柔らかい「バタール」。 これが彼にとってのオールスターズである。

自分で出かけて気に入った食品を買ってきていた頃には、おやつも色々な種類のものを選んでいたのだが、病状が進むにつれて(父の脳梗塞は多発性で、忘れた頃にひとつふたつとパラパラ梗塞が飛ぶ。)選択の範囲がだんだん縮まってきて、日常生活でも混乱が見られるようになったここ半年ほどは、ほとんど固定化されている。 選択する、という行動の元になる脳内の働きは、かなり高次のものであることの証明みたいだ。

今は若干の好き嫌いはあっても、出されたものは何でも食べてくれる父だが、介護に当たる方々の話を聞くと、普段の三食の内容でも、本人が決めたものしか食べないようなケースもそこそこあるようで、まあ割り切ってしまえば献立を工夫する必要が無いだけ作る方は楽だ、と言う方もいらっしゃったが、食べることの楽しみが失われてしまうのもかなり切ない話で、家族としてそれを受け入れなければならないのも辛そうだ。 特に私のように、自分が「食べること、呑むこと、(そこそこ)作ること」が好きな人間にとって、そんな父の姿を目の前にしたら・・などと考えると、やぶさかではない。

ヘモグロビンA1cの値が高いので、ブドウ糖負荷試験などをかければ、多分境界型糖尿病くらいの診断は付いてしまうであろう父であるが、もう平均寿命を越えている事もあるし、脳梗塞のなんだかんだもあるので、医師も家族としても、そこに踏み込むことを選択していない。 本人が明確に自分の病状を理解できなくなっている今、多少病気が進もうが、「食べる楽しみ」を奪いたくないのが私の正直な気持ちなのだろうな、と、自分の心のあり方を直視させられた気分である。

私が年をとったら、どんな食べ物にこだわりを見せるのだろうか、などと、車椅子を押しながら想像していた。 最期までビール・ビールなどと叫ぶことになりそうで、ひとり苦笑いを噛み殺した。

|

« ダブルベルガモット | トップページ | 戒め »

コメント

リーボーさん、こんばんは。
先日は私のBlogの方へ立ち寄って頂き
とても嬉しかったので早速飛んできましたよ^^。

月に何度かでも、きっと義父さんは一緒に買い物をする
喜びを感じられているのだと思いますよ。
大型のショッピングモールだと車椅子でも通路が広いので
商品も見やすいし動きがとりやすいので良いと思います。
確かに気分転換にはなりますよね^^。

脳梗塞ですか・・大変だと思いますが
リーボーさんが側にいてくれる存在は
心強いですし支えになっていると思っていますよ。
影ながら応援しています。

それにしてもリーボーさんもお酒は結構いける口なのですね。
ビール・ビールとは面白いです(笑。

ちなみに、お酒はオールマイティ何でもいけるとかですか?
私も年をとったら、お酒やめれてるかしら(笑。
だいたい焼酎が多いのですけどね。

それではまた立ち寄らせて頂きます。

投稿: yuyu | 2007.09.14 20:02

yuyuさん、こんばんは。

・・うーん、父もそんな風に感じていてくれていると嬉しいのですけれど・・ね。 なんだかんだ言っても、新しい店舗や大規模なお店は、車椅子の人に優しく作られていると感じることが多いです。 世の中が変わってゆくには時間が必要なんですね、きっと。 変化は、少しずつじわじわなので。

お酒は好きです。 年齢を重ねると、美味しさはどんどん解るようになってゆくのに、量はこなせなくなってくるので、ちょっと淋しいです。

●好きで良く飲むもの
 ビール(オールモルトのもの)・ラム・ジン
●体が受け付けないもの
 ワイン・ブランデー(蕁麻疹・頭痛)
 カルーア等コーヒーリキュール(胃痛)
 シェリー・紹興酒(単に香りの好き嫌い)

まっ、一応、「体が受け付けないもの」以外なら、手元にあれば何でも飲んでしまいますが。 焼酎は残念ながら、自分からは選ばない感じです。 焼酎の話ができなくてすみません。

投稿: リーボー | 2007.09.14 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こだわり:

« ダブルベルガモット | トップページ | 戒め »