« お手並み拝見の準備 | トップページ | 焼き芋 »

2007.10.10

魔法の粉

金木犀の花が満開になった。 あちらこちらから良い香りが漂ってくる。 今年は夏の暑さが幸いしたのか、はたまた雨の降り具合がちょうど良かったのか、どの木も例年になく多くの花をつけているようで、木全体が鮮やかなオレンジ色に包まれている。

日向の枝で早く開いた花の中には、もう散り始めるものもあるらしく、下の地面もオレンジ色にうっすらと化粧している。 小鳥が上の枝に止まるとはらはら、風がそよいでもはらはら。 小さな、粉のような花が静かに落ちてゆくのは、どこか勿体無いようでもあり、幻想的でもあり、しばし立ち止まって眺める。 我が家の庭のギンモクセイは、もう2階に背が届くほどの高さに成長しているから、一番下の枝にも届かない。 見上げて楽しむ状態だ。 散歩に利用させてもらっている近隣の施設の駐車場では、植栽の一部に金木犀が使われていて、そちらはまだ小さい木が多く、ちょうど私の背の高さくらい。 ウォーキングの途中で、花をたくさんつけた枝の茂みに、顔を埋めさせてもらった。 体の中まで良い香りが染み込むようで、なんとも贅沢な気分!

家に戻ってから汗をかいたTシャツを脱いだら、髪の毛の間にでも紛れていたのだろうか、金木犀のオレンジ色の花が、いくつかはらはらと自分から落ちてきた。 ウェンディ(だっただろうか?)に魔法の粉をかけてもらうと、人間の子供たちも空を飛べるようになる、ピーターパンの物語を思い出した。 仲間に入れてもらえたような気がして、心に翼をもらえたような気がして、なんだか無性に嬉しかった。 無邪気な気分を思い出した秋の午後。 

|

« お手並み拝見の準備 | トップページ | 焼き芋 »

コメント

ご無沙汰してます。

そうそう。金木犀の香り。スゴイですね。いいですね。
だからこの季節はやめられないんですよね。。

子供達が通う保育園にある金木犀も、いい香りを振りまいています。送り迎えのたびに良い気分になるオイラがいます。

投稿: クッスィ~ | 2007.10.10 20:47

リーボーさま、ぶんねんです。
コメント頂m(..)m アリガトオございます。

自宅介護ブログを書いています。
少しでも世の中に役に立つかな?読んで頂いて
良かったよ。のコメントを頂いた時は本当に
嬉しいです。コメント残して頂きありがたく思います。

気に入って頂ければ他の方に紹介か、リンクして
頂ければ嬉しいです。
宜しくお願いします。
また、リンクしていたければ相互リンクとして
私のブログでも紹介させて頂きます。
宜しくお願いします。

投稿: ぶんねん | 2007.10.11 00:06

クッスィ~さんも、お子さん方も、金木犀の香りはお好きですか?
香りの持っている作用は不思議なもので、気持ちが張り詰めている時でも、ふんわり良い香りが漂ってくると、肩の力が抜けるといいますか、一気にぼんやりモードに連れ込まれそうになります。

子供の頃は、地面に落ちてくる花を小瓶に集めたりして遊びました。 細かい花なので集めるのに苦労しましたっけ。 落ちた花でも集めると案外香って、机の上で楽しんでいたことを思い出しました。

投稿: リーボー | 2007.10.11 07:14

ぶんねんさん、おいでいただいてありがとうございます。
ご覧になっての通り、このブログには他の方のサイトへのリンク集は載せておりません。 理由はいろいろありますが、『意図あって』のことです。
ぶんねんさんがアップされた記事が、私の書いた文章に必要だったり、引用または参考にさせていただいた時には、リンクしますしトラックバックを張らせていただくことになると思います。
その人が必要としている情報は、やはり当人が目的に応じて探すべきもので、ネットの情報網はその権利と自由を与えてくれています。 と、同時に、多くの人が訪れているサイトが、役に立つものや善意に基づくものだけではないという現象も現れています。 それは、情報を探す人が判断することで、誘導したり推薦する責任を私は全うする自信がありません。
どうぞぶんねんさんのサイトが、たくさんの有益な介護情報を発信するサイトに育ってゆきますように。
(このサイトにも様々なブラウザを使っている方々に、ご来訪いただいております。 不都合を避ける為に、半角カタカナ文字を全角文字に書き換えさせていただきましたので、ご了承くださいませ。)

投稿: リーボー | 2007.10.11 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の粉:

« お手並み拝見の準備 | トップページ | 焼き芋 »