« 想定外の芋掘り | トップページ | サツマイモでおかず »

2007.10.23

魅惑

若い頃からずっとそうだが、私が聴いているのは俗に「Jポップ」とか「日本のロック」などと呼ばれるような、国内アーティストの音楽が主だ。 版権の都合なのか、最近、一度廃盤になっていた昔のレコード盤の楽曲が、デジタルにリマスターされてCDに焼き付けられ、昔とは別のレコード会社から再販される、というケースが目立つ。 で、それを機会にしばらく表舞台から遠ざかっていたアーティストが、またライブをやったりしてくれる。 あまり大きくないライブハウスのような場所でさり気なくという感じで。

アーティストも初老の域に足を突っ込もうかという年齢ならば、あの頃ティーンエイジャーだったオーディエンスも今ではすっかりおじさん・おばさんで、中には制服を着た子供と一緒に来ているなんていう方も居られる。 「ここで踊ってしまって良いものか・・」と、内心ちょっと躊躇する気持ちはみんな同じみたい。 舞台の上のアーティストも、気張って過度に意気込んだりしていないし(もちろん、いいかげんにやっているというのとは違う。)、聴いているオーディエンスも穏やかでありながらワクワク期待している状態だから、双方が丁度良い塩梅で肩の力が抜け、会場全体の雰囲気がどこかほんわかとあったかい。 なんだかライブにしてはちょっと不思議な、でも、居心地が良くてしっくりくる。

ティーンの頃やはたちそこそこで聴いていた音楽というのは、今でもどこかで心の奥を鷲づかみにされているような状態で、表現を変えれば「逃げようと思っても逃げられない」的な部分を否定できない。 いろいろな感覚が総動員されて強く揺さぶられてしまうのは、「匂いや香り」の持っている影響と良く似ている気がして、面白いなあ、と、思う。 魅惑という言葉が相応しい。

こんな年齢になってもライブハウスに足を運んでしまう言い訳を、ちょっと考えて書いてみた。

|

« 想定外の芋掘り | トップページ | サツマイモでおかず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑:

« 想定外の芋掘り | トップページ | サツマイモでおかず »