« 見学 | トップページ | すり鉢 »

2007.11.18

それはちょっと変

「技能五輪国際大会」を見てきた話を昨日書いた。

会場の片隅に外で飲食するためのちょっとしたブースがあり、屋台に近い形態でファースト・フードなどを扱っているお店が軒を連ねていた。 その中に回転寿司屋さんが出店しており、テントの下で例のベルト・コンベアーを回しているのだが、なにか変だ。 近付いてよく見ると、「お皿に乗った握り寿司」が回っているのではなくて、「一人前ずつ折り詰めに詰められた握り寿司」が回されている。 要するに、お弁当箱がそのまま流れているのだった。

・・凄い違和感。

デジカメを持って行かなかった事を悔やんだ。 それでも、会場に来ていたフォーリナーの皆さんは、非常に興味を持ってきゃあきゃあ言いながら、楽しそうに折り詰めを選んでゆく。 やっぱり外人さんに回転寿司は受けが良いみたいだ。

それにしても、私たちはいつの間に、お寿司が回されている光景に見慣れてしまったのだろうか。 そんなことをふと考えていた。

|

« 見学 | トップページ | すり鉢 »

コメント

回転寿司ですか、しばらく行っていません。
というか、あまり「美味い」と思ったことがありませんし、学生でもないので、それほど食べられなくなってきたので、あまり行く意味が無くなってきたのかもしれません。
もちろん、お米の消費になるので、いいことだと思うんですが、マグロ、食べ過ぎじゃないですか?
昨日のテレビで、体内に蓄積されている重金属についてみていたのですが、マグロを多く食べる日本人には、水銀が多いとか。
要するに、食物連鎖ですね。
私が子どもの頃は、マグロなんて、何かお祝いがあったときにしか食べなかったし、肉といえば豚肉でした。
最近は、アンチエイジングが流行らしいですが、血液にオゾンを注入して、体内に戻すと血液が改善されるらしいのですが、その効果が、3週間くらいと言うのを聞いて、やっぱりお金儲けなんだなぁ、とつくづく思いました。
どうも、医療が、肝心なところが抜けていて(産婦人科や小児科)、お金になるところだけに集まってきているような気がします。
でも、普段から、安い食材で健康を維持すること、それが賢い生き方のような気がしますが...(^^)

投稿: ねっち | 2007.11.19 08:07

ねっちさん、こんばんは。
私も回転寿司は滅多に行きません。たまに入る時は「食べに行く」というよりも「楽しみに行く」感覚ですかね。普通のお寿司屋さんには絶対無いような、不思議なネタがあったりするでしょう?、そこを楽しむ感じでしょうか。

魚に限らず、重金属類は脂肪に蓄積されやすいですので、食物ピラミッドの上のほう、それも脂肪の多い部分を好んでいる今のご時世では、どうにも避けようが無いでしょうね。 と、言いますか、もう真っ当なものを口に出来るほど、地球環境は適切でない領域に入ってしまっていると思います。 「避ける」とか「選ぶ」という方法論では対応しきれないですよね・・。

投稿: リーボー | 2007.11.19 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それはちょっと変:

« 見学 | トップページ | すり鉢 »