« 別種のパンケーキ | トップページ | 春菊 »

2007.11.09

立冬を過ぎて

庭の山茶花がぽつぽつと花を開き始めた。 立冬を待っていたように咲き始めるところなんぞ、流石だな。 気の早いメジロが、これまた輪を掛けて待ってましたとばかりに、花に首を突っ込んで蜜を吸っている。 花から花へ身軽に移動する様子にも、しばし見とれていた。

日向の縁側に盆ざるを並べて、椎茸を干している。 この辺りは椎茸農家が多いので、商品価値の低い小粒の、直径2~3cmほどの、可愛らしい椎茸をたくさんビニール袋に詰めたものが、簡単に入手できる。 ひと手間掛けて軸を取り除いてから、日向に並べておけば自家製の干し椎茸の出来上がり、という寸法だ。 このサイズだと、煮物に使う時丁度一口サイズなので、丸ごと使えるのが気に入って、わざとより好んで小さな椎茸を選ぶ。 取り除いた軸は、石附を落としてから繊維に沿って縦に裂き、ダシ取りを兼ねて味噌汁にいれてしまったり、キンピラやかき揚げに。 しこしこした歯応えがあって、笠の部分とはまた違った面白さが楽しめる。

取り付け道路の落ち葉掃きをしていたら、弱々しい蚊が一匹まとわり付いてきた。 あまり気にせずに甘く見ていたのが間違いで、いつの間にか耳朶と小指を刺されていたようだ。 末端の皮膚の薄い所を刺されると、いつまでも痒みが抜けないから余計に悔しい。

みんな少しずつ冬支度。 この雨が過ぎると、また少し季節が進みそうだ。

|

« 別種のパンケーキ | トップページ | 春菊 »

コメント

本当に、立冬が過ぎましたよね。
今日あたりは、雨も降ったせいが、昨日よりもかなり涼しくなってきました。
私の住んでいるところは、平場なんですが、放射冷却などによって気温の下がるところで、朝晩は、かなり冷えてきました。
そうそう、蚊って、夏のモノだと思ってたら、秋にも出るんですよね。ほんと、ビックリです。もしかすると、以前よりも、ずっと秋や冬が暖かくなってきたせいかもしれません。
越冬しない虫が、生き残っていくとなると、けっこう心配ですよね。

投稿: ねっち | 2007.11.10 17:09

ねっちさん、こんにちは。
ホント、放射冷却の影響は大きいですよね。 晴れと曇りとでは大違い!

秋の蚊は侮れません。 結構いつまでも痒い。 あちらも命がけでアタック掛けてきているのだろうな、と、思います。
 このまま温暖化が進めば、やがては本州でもマラリアを媒介する蚊が越冬するようになるらしいですから、恐るべしです。

投稿: リーボー | 2007.11.11 14:26

ねっちです。
小雨の降る中を、1時間ほど歩いてきました。
もう少し、明るいうちに歩き出せばよかったんですが、返る頃には真っ暗になっていました。
でも、多少気温が低くても、10分も歩くと、ほかほかになってきますので、汗の処理さえうまくすれば、今の時期の散歩はそれなりに面白いんです。
というのも、私の住む地域には、渡り鳥がかなり飛んできていますので、沼に帰っていく風景は、なかなか壮観です。
やはり、自然を感じていないと(^.^)

投稿: ねっち | 2007.11.11 21:12

この時期は暗くなるのが、日に日に早くなるのが判りますね。 午後から出かけるような場合は、早く出かけないと、帰って来る頃には夜ですものねえ。 シフトしているだけなのですが、一日が短くなっているような気分になります。

投稿: リーボー | 2007.11.13 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立冬を過ぎて:

« 別種のパンケーキ | トップページ | 春菊 »