« それぞれの思惑 | トップページ | どんどん早くなる »

2008.01.12

凍み豆腐もどき

寒い季節の間、なんだかんだと鍋物は重宝だ。 体が温まるし、半端な食材も一気に片付くし。(笑)

で、今期になってちょこちょこと活用しているのが、凍み豆腐もどき。 なんと言うことも無い、安い時にまとめ買いしておいた豆腐を、冷凍庫で凍らせただけのもの。 パックごと凍らせておいて、使う日に自然解凍するだけである。 ちょうど高野豆腐と普通の豆腐の中間くらいの「す」が入って弾力も中間ぐらいになる。

大きな土鍋などで具を煮てゆくと、豆腐を『とんすい』に取り分ける時に崩れてしまったりして、なんだか悔しい思いをすることがあるが、それが一気に解消されるのが嬉しい。 何も考えずに箸で摘んでも崩れない。 そして、味沁みが良いところも気に入っている理由だ。

ただし豆腐そのものの香りは失われている印象があるので、例えばキムチ鍋とかカレー鍋、寄せ鍋やちゃんこ鍋など、比較的味の濃いスープで楽しむ鍋に向いているようにも思う。 使い分けてゆけばそれなりに面白い素材。

わざと凍らせてみるのも面白いですよ。

|

« それぞれの思惑 | トップページ | どんどん早くなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凍み豆腐もどき:

« それぞれの思惑 | トップページ | どんどん早くなる »