« 春を待つ | トップページ | この時期だけの贅沢 »

2008.01.25

神様のお考えになること

昨夜、どこから舞い込んだのか、小型の蛾が一頭、お風呂場の壁にとまっていた。 シャワーに驚いて飛び立った挙句、床のタイルに落ちてじたばたしているので哀れに思い、洗顔フォームの容器にしがみつかせて、そのままお風呂場の隅に置いておいた。

今朝になって、残り湯を洗濯に使おうとお風呂場に足を踏み入れると、例の蛾がまだそのままとまっている。 気温が高くなれば勝手にどこかへ行くかな、と、様子を見ていたが、午後になっても一向に飛び立つ気配がない。 このまま夜が来て入浴したら、またじたばたとお湯の中に落ちたりすることになりかねないし、蛾のことを気にしながらお風呂に入るのも落ち着かないし。 そんな風に懸念して、洗顔フォームの容器ごと窓の外へ持ち出し、軽く勢いをつけてわざと飛び立たせて、外へ放してやった(つもりだった)。 蛾はひらひらと飛んで、一番近い場所の庭木の枝に。

すると、その一部始終を離れた木の上から見ていたヒヨドリが、ピィーッと飛んで来たかと思うと、一目散に蛾の元へ直行し、そのままパクリ!

あーあ・・。 私、余計なことしたんだろうか、と、しばし悶々。

悶々としながら、「実はいろんな考え方ができるな、これって。」、とも思った。 どうすれば良かったのかを知っていたのは、多分神様だけなんだろうな。  

|

« 春を待つ | トップページ | この時期だけの贅沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様のお考えになること:

« 春を待つ | トップページ | この時期だけの贅沢 »