« 春の眠気 | トップページ | なったらなったで »

2008.02.29

祈ること

私に何ができるわけでもない。 それを思いきり不甲斐なく感じる。

知っている唯一の手段として祈っている。 全てを御承知の方が、あの人に善き計らいをしてくださるように。

おかしなことだが、祈りは相手の為であると同時に、自分を納得させる為でもあるような気がする。

|

« 春の眠気 | トップページ | なったらなったで »

コメント

かなり前になりますが、自分自身も驚くくらい
強烈に祈ったことがありました。
自分ではどうすることも出来ないと、わかって
いながら、祈らずにいられなかったというのが
本当かもしれません。

投稿: ねっち | 2008.03.02 06:47

ねっちさん、こんばんは。

・・祈りって、そういう自然発生的なものなのかもしれませんね。

何かを期待したり、祈りの報いを求めたりするのではなく、心の内を全部投げ出して、同時にそれを捧げものとする、という感覚に近いでしょうか。

投稿: リーボー | 2008.03.02 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈ること:

« 春の眠気 | トップページ | なったらなったで »