« お願い | トップページ | イースターを前に »

2008.03.21

大学芋

少しずつMemoriaのホームページを閉じる作業をしてゆくことになりました。 アクセス解析や実際の電話などの反応を見つつ、段階を追って少しずつ進める予定ですが、「久しぶりにアクセスしたら、無くなっていた!」という状況をなるべく避けるために、当分の間は当ブログのトップページへのご案内を掲げておくことにします。 足を運んでくださっている皆さんには、ちょっとうるさく目障りかもしれませんがお許しください。

先だって、所轄保健所に「旅館業」と「それに伴う飲食店営業」の廃業届を正式に提出してきた。 もうちょっと感慨深いものかな、と、想像していたのに、一番あっけらかんとしているのは自分で、逆に、対応してくれた保健所の職員や食品衛生協会(食品安全の啓蒙活動を食品製造に関わる者が自主的に行うための団体。)の事務担当の方に「残念ですねえ」などと慰めの言葉をいただき、まあお世辞で言ってくれているとしても、どのような反応を返すべきか迷う始末であった。 実質的には休業体制をとっていたので、日常に何の変化がある訳ではないが、これで一区切りついてさっぱりと潔い気分。

保健所の敷地では沈丁花の香りが漂って、清々しさを演出してくれていた。

今日のおやつは久しぶりに大学芋。 ここ最近、サツマイモが安い気がする。 新物のジャガイモに押されて存在を忘れかけていたサツマイモを、思いっきり主役に。 やっぱり大学芋の醍醐味は、かりっとエッジの立ったサツマイモの固さで、それを引き出すには油で揚げなくては・・というのが、私の拘り。 下ごしらえをちゃんとしてから高温で揚げれば、油の吸収量はほんのわずかで済む(はず・・)。

大学芋

  1. サツマイモ300グラムほどを、皮付きのままよく洗って一口大の乱切りに。 切ったそばから水で晒し、全部切り終わったら一度水を取り換えて、ざるに上げる。
  2. 布巾などで丁寧に水分を取り、そのまま表面を乾かすように10分ほど放置。
  3. 揚げ油を用意して中温に熱し、サツマイモを静かに入れる。 強火にして徐々に高温にしてゆき、表面に軽く焦げ色がつくまでコロコロ転がしながら揚げる。 竹串で何個か刺してみて火が通ったことを確認してから取り上げて、しっかり油切りする。 パッドに上げるだけではなく、ペーパータオルの上に移して余計な油を熱いうちに吸収させること。
  4. 鍋に砂糖大さじ3、醤油大さじ1弱、味醂大さじ1、水大さじ2を合わせ、中火にかける。 そのまま煮詰めて、ジワジワとした泡が細かく均一になってジュワーッという感じになったら、揚げたサツマイモを入れて絡める。
  5. 煎り胡麻をたっぷり振って、器に。

煎茶と一緒にいただきながら、ああ日本の味だ、と、思った。 砂糖と醤油の組み合わせって偉大!

|

« お願い | トップページ | イースターを前に »

コメント

ご無沙汰しています。
管理人@今日の猫たちです。

ペンションの営業をお辞めになられてしまうのですか?
またいつか伺いたいと思っておりましたが、残念です。

そちらで(当時は「踊り子」でしたね)結婚式を挙げさせて頂いてから、はや13年。
今でも、いい結婚式だったなあと思い返すことしきりです。
またいつかご挨拶に伺えれば幸いです。

投稿: 今日の猫たち管理人 | 2008.03.21 19:13

今日の猫たち管理人さん、ご無沙汰しております。
きっとご家族の皆さんもお元気でご活躍のことでしょう。

ええ、そういう運びとなりました。
もう13年ですか・・早いなあ。
色々と考えたんですけどね、本当に。
営業している間にも世の中はずいぶん変わりました。
そしてこれからも変わり続けるのだと思います。
そんな変化を肌で感じられる仕事をしていたことは、非常に興味深かったと感じています。

友人は「とっとと東京に戻ってカフェでもやりなさい!」とか無責任に言いますが、今のところ本人にその気がありません。(笑)
「残念です」と言っていただけるだけでも、十分ありがたいことです。 感謝!

投稿: リーボー | 2008.03.22 11:12

こんばんは、何度かお世話になりました rice field です。
とてもおいかったキッシュ、果実酒、朝からとっても幸せになれるホカホカブレッド、
繊細なお子様プレート等々、もういただけないと今日知り、とっても残念です。
家族で、いつ再開していただけるかと、ときどきコラムをチェックしながら待っておりました。(;_:)

友人様のおっしゃる様に、いつかどこかでお店を開くことがありますれば、一報して頂きたいなぁと思います。

投稿: rice field | 2008.03.23 23:38

rice fieldさん、お久しぶりです。
・・お子様もずいぶんご成長なさったことでしょうね。
ママは相変わらず忙しいでしょうか。 どうぞ自分の時間も大切になさってくださいね。

介護はなかなか先が見えないので、先の予定が立てられないというのも廃業を決めた要因の一つでした。 要因の中にリミットのある物、今しかできない物があれば、そちらを優先しようということです。 ただ、法律上そんな気の長いことには付き合っていられないというものもあり、届を出さざるを得なかった感じもあります。

うーん・・将来お店を開く確率は決して高くないと思いますが・・まあ、何がどうなるか判らない世の中ではありますので、100%否定することも無いのかな。 そんな言葉をいただくだけでも十分ありがたい話です。 ご期待に添えずに、申し訳ありませんでした。

投稿: リーボー | 2008.03.24 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学芋:

« お願い | トップページ | イースターを前に »