« 「出来ること」と「やること」は別 | トップページ | 蛇と重曹の怪 »

2008.04.15

小女子(こうなご)丼

シラスを乾燥させた「ちりめんじゃこ」の親はイワシ、で、「小女子(こうなご)」の親はイカナゴ。 関西では単に干しただけの「小女子」よりも、甘辛く煮詰めた「釘煮」の方が人気があると聞く。 どちらにしても親が誰であっても美味しいことには変わりなく、新物が出回るこの時期にはついつい買ってしまう。 ビールを飲みながらぽつぽつとそのままつまむのも良いし、大根おろしと盛り合わせても美味しいし、炒めご飯やパスタに入れても良いし、かき揚げに混ぜたりすれば旨みがぐっと増す。

ハイカロリーなことに目を塞げるなら、私が一番好きなのは「バターじゃこごはん」。 あつあつのご飯を茶碗によそって、バターをひとかけ、じゃこを好きなだけ乗せて、黒コショウをガリガリ挽いて、茶碗の中で軽く混ぜながらいただく。 塩味が足りなかったら醤油をちょびっと回しがけ。

ひとり簡単に済ませるのならそれで充分なのだが、家族のお昼ごはんにしたかったので、今回はもっと上品な「小女子丼」に仕立ててみた。 丼の器にごはんを盛って、たっぷりの小女子をご飯の上に散らし、真中に卵の黄身だけをポトンと落とす。 たっぷりの大根おろしを固めに絞って、青紫蘇の葉と共にこちらもご飯の上に。 葉ネギのみじん切りと刻み海苔をこんもり盛って出来上がり。 食べる時に卵の黄身を崩して、醤油を垂らした。

あっさりとした春の味。 どこか遠くの方でおひさまの風味がプラスされている気もして。

|

« 「出来ること」と「やること」は別 | トップページ | 蛇と重曹の怪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小女子(こうなご)丼:

« 「出来ること」と「やること」は別 | トップページ | 蛇と重曹の怪 »