« 長さの問題じゃない | トップページ | スカラベ »

2008.05.18

おべんと

珍しく、早起きして作ったお弁当を持って出かけた。 大抵は出先でお店を見つけて食事をするのだが、たまには良いかな、と、思って。 お弁当は「美味しくお弁当を食べられる場所」をいかに見つけ出すかがポイントで、「お仕事」ではないのだから、できれば自家用車の車中よりも屋外の自然豊かな場所で食べたいし、だからといってあまり人がたくさんな場所では恥ずかしい気もするし、贅沢をいえば清潔な水場や手を洗う場所も欲しいし、この季節ともなればあまりカンカン照りでない穏やかな日影が欲しい。 そして、地理に詳しくない初めての場所でそのような条件を満たす場所を見つけるのは、決して容易ではないので、お弁当は敬遠してしまうことが多いのだ。

今日は山一つ分と言えるような広い公園に行くことが判っていたので、逆にランチのお店を探す方が難しそうだったこともあり、お弁当のタイミングとしてはちょうど良かった。 おむすび、具は「ゆかり+梅干し」と昆布の佃煮とツナマヨ。 海苔で包む。 おかずは昨夜の回し使いで定番の鶏から揚げ、甘味を利かせた厚焼き卵、ブロッコリーとエリンギの黒コショウ炒め、インゲン豆と人参のベーコン巻。 別の容器にゴールドキーウィーとネーブルオレンジ。 ヨーグルト。 みんな冷蔵庫にある食材でささっと作ったものばかり。 「お弁当」よりも「おべんと」と呼んだ方がしっくりくるラフな感じで。 唯一肩に力が入っていたのは、飲み物として用意した例の高価な玉露茶を冷やしたものだった。

考えていたよりも園内のアップダウンがきつく、たっぷり歩き回った後でのお昼になったので、自画自賛ながら予想以上に美味しかった。 やっぱり「お腹が空いていること」は何よりの調味料になる。 僅かな筋肉痛と共に、妙に健康的な気分になって楽しめた。 こんな風に条件が整うとお弁当も美味しくて、中身が判っていても、温かくなくても、十分幸せな気分がした。  

|

« 長さの問題じゃない | トップページ | スカラベ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おべんと:

« 長さの問題じゃない | トップページ | スカラベ »