« 同類なのか? | トップページ | イレギュラーの境界はどこか »

2008.06.29

それは隠語

最近テレビをほとんど見ない私は、まもなく始まるらしい連続テレビドラマのタイトルを知って、「うわっ!」と、驚いた。 「コード・ブルー」。 主演するのは山下智久さんらしい。

病院にはいろいろな隠語が存在するが、「コードブルー」(本来は真中に『・』を入れるべきだろうが、二語で一単語として使われるものなので、わざと入れずに書かせてもらいます。)もそのひとつとして使われる。 訳すと「容態の急変」。 もっと訳せば、「緊急に蘇生術を施さなくてはならないような状況。」 もっと悪く訳せば、「死に足を突っ込んじゃってる人がいます!。」

たくさんの外来患者様方でごった返している院内に、「容態急変患者があります。 手の空いているスタッフはどこそこ病棟にお願いします!!」なんていう放送を流したら、院内は一気に不穏な空気に満たされてしまうし、時間を持て余している慢性病の患者(様)が野次馬に変貌しかねないしで、現場の収拾がつかなくなるかもしれない。 だから、「どこそこ病棟、コードブルーです。」とだけ、サラリと言う。

医療従事者仲間で街を歩きながら、「昨日、あの患者さんが死にかけちゃってさ・・」なんて、口が裂けても言ってはいけない。 でも、「昨日、(コード)ブルーがあってさ・・」ならば、何とかなる。

当然ながら、一般の人に判られるとマズイから隠語なのである。

こんな私でさえ、「コードブルー」を隠語として現在利用している病院を複数知っているくらいだから、隠語がドラマのタイトルになってしまうと、急変患者の存在を知らせるマニュアルを、新しい単語に入れ替えなくてはならない病院も、全国的にはたくさんあるんじゃないかと思う。

隠語を表舞台に出すことの影響を、ちょっと心配しつつ。 

|

« 同類なのか? | トップページ | イレギュラーの境界はどこか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それは隠語:

» コードブルー 撮影 [話題メモ]
★速報★TV・雑誌で紹介された話題の商品【話題メモ】にようこそ!まずは新着情報をチェック ⇒  ★新着トピックス一覧★ King of Military W... [続きを読む]

受信: 2008.06.30 00:04

» コードブルー -ドクターヘリ緊急救命 [Newsデイリー]
藍沢先生カッコイイコードブルーの予告が録れてからかなりの回数をリピしてます めちゃくちゃカッコイイんだもん 最近CMを観ることが多くてもあまりピンと来なかったんだけど、 昨日... [続きを読む]

受信: 2008.06.30 07:35

« 同類なのか? | トップページ | イレギュラーの境界はどこか »