« いちゃもん | トップページ | 書くこと »

2009.01.29

天国化計画

このところなんとなく凹み気味なところへきて、昨夜は妙な相談が持ち込まれてノックアウト。 「やけに溜め息ついてるけど、大丈夫?」、と、指摘され、ありゃりゃそうだったか、と、初めて自覚する。 まあそんな時期もあるさ、と、自分に言い聞かせて、気分転換に「ふきのとう味噌」を作ることに。 これから雨がやって来るらしいので、フキノトウがびしょびしょになる前に収穫しておこうかと。

八丁味噌と信州味噌、酒と砂糖・・例によって適当に「こんなもんかな」で混ぜ、弱火で練り上げてゆく。 余計な事に気を散らさずに集中して、しゃもじを握る手だけをコトコトと動かし続ける単純さが、こんな気分の時にはなんだか嬉しい。 ちょっと味見をして調整し、最後に味醂と荒みじん切りにしたフキノトウを加え、余熱でがーっと混ぜたら、もう出来上がり。 今夜は小型の里芋を「衣担ぎ」にしてそこに添えるつもりだ。

料理に逃げ込む、なんて、料理に対して失礼な気もするので、あまりそんな風に思いたくはないが、結果として食べ物が出来上がり、それを口にしてちょっとした幸せを得られるならば、一石二鳥でおめでたい話かもしれない。 子供の頃に好きで良く見ていた「料理天国」というテレビ番組のオープニングで(年がバレますね)、芳村真理さんが「美味しいものと美味しいお酒があれば、この世は天国」と必ず言っていた姿を急に思い出したりもして。

昨日は久しぶりに好みのダークラムを買い込んだ。 友人がクリスマスプレゼントに贈ってくれた限定醸造のビール、気に入っていたので大事に3缶だけ残してある。 みんなまとめて今夜の「天国化計画」にひと肌脱いでいただこうかな。

|

« いちゃもん | トップページ | 書くこと »

コメント

もうふきのとうがあるんですね。
衣担ぎを添えて…って最高です。
私はぜひ熱燗でいただきたいっす

投稿: Mr.Spice | 2009.01.29 20:21

Mr.Spiceさん、こんにちは。
衣担ぎにすると、土の香りが残るような気がして好きなんですよ。 ちょびっと塩を乗せるだけでも十分美味しいですね。

春の食材もちょこちょこと食卓に顔を出すようになってきました。

そうでした、Mr.Spiceさんは熱燗がお好きでしたね。 寒い時期は特に美味しく感じられるのでは? 私も若い頃はそこそこ日本酒を飲んでいましたが、最近はとんと御無沙汰になってしまっています。(家系的には私以外は全員日本酒贔屓なんですけど・・不思議。)

投稿: リーボー | 2009.01.30 15:49

人肌のぬる燗とかではなく熱めが好きなので、やっぱり寒い季節は美味しいです。私は若いころは日本酒ってほとんど飲みませんでしたが、歳をとるにつれて食べものも飲み物も和のものがよくなりました。

投稿: Mr.Spice | 2009.01.31 13:37

こちらの周囲でも、歳をとるにつれ「和もの」に傾倒してきたという方、多いですよ。 何か血が騒いでくるのでしょうか。

そのうち日本酒の楽しみも解るようになれるかなあ。

投稿: リーボー | 2009.01.31 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天国化計画:

« いちゃもん | トップページ | 書くこと »