« 脱水 | トップページ | 塵(ちり) »

2009.02.24

百年に一度ってわけじゃあないでしょうが。

重なる時には重なるもので・・。 実家の両親が、住んでいる場所の保養施設提携先であるという、メモリアからもそう遠くない場所の温泉旅館に宿泊するというので、ピックアップしてあちらこちら観光に連れ出す。 それでほとんど丸二日間。 続いてPCが調子を崩してしまい、別人格に生まれ変わっていただくことで何とか再生し、じたばた。 それから、メモリアの建物を見に来た方があってご案内したり、義父に来客があるというので色々段取りを整えて。 そして、生活の全ての根幹に花粉症がでーんと横たわっている状態。 厳密に言うと、ここには具体的に書けないこともいくつかあって、半分やけくその感じで「春だからねえ」とでもオチを付けたくなる。 普段の日常が一般と比較してかなり穏やかな状態なので、いくつか急な案件が重なるだけでもダメージが大きい。 たまにはこんな風に過ごすのも訓練の内かな、と、発想を転換してストレスをかわす。

今年は飛散する花粉の量が多いとは聞いていたが、実際もなかなかエライことになっている自覚がある。 テーブルの上を水拭きすると、例年よりも多量にうぐいすきな粉のように布巾に付いてきて、それを見ただけでもノックアウトされてしまいそうだ。 前掲の記事ではないが、鼻から脱水を起こしてしまいそうな勢い。 伊豆半島は首都圏への花粉の発生源とされていて、なんとも申し訳ないような気分にすらなってくる。 どうぞ伊豆の花粉をよろしくお願いします・・。

花粉症の薬のせいか体内のアレルギー反応のせいなのか、それとも単に春だからなのか、このところ横になるとストンと眠りに落ちる。 寝入りばなの自覚もなく、眠りのブラックホールに吸い込まれてゆくような感じ。 何故だか落ち着きのない日常の中で、逆に何の迷いの余地も無く、ただひたすらに良く眠れることだけは、とてもありがたいと思っている。 怪我のないように事故のないように、気をつけないとなあ。 

|

« 脱水 | トップページ | 塵(ちり) »

コメント

そういえば僕の花粉症デビューは、会社を辞めて伊豆旅行に行った時からです。会社辞めて副交感神経優位になったところで、花粉飛びまくる春の伊豆を周遊したのが悪かったのかな~?

投稿: Mr.Spice | 2009.02.25 14:02

Mr.Spiceさんも今の時期はさぞかしお辛いことでしょう。
しかも発症のトリガーが伊豆への旅行だったとは!
いやはや申し訳ありませんです、はい。
伊豆半島にも各地から花粉が飛来してくるのが分かりますが、けっこう身近の「この辺の林」で発生しているのも見てとれます。 だって杉の花?(茶色いヤツですね)いっぱいくっ付いてますもん、杉の枝の先っちょに・・。
もう、「やめて~!」っていう感じです。

お互いもうしばらくは辛抱の季節ですね。
「これが呑まずにやっていられるか!」ですかね。

投稿: リーボー | 2009.02.25 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百年に一度ってわけじゃあないでしょうが。:

« 脱水 | トップページ | 塵(ちり) »