« 一年後 | トップページ | 妙な風物詩 »

2009.03.09

ジャージ

体育会系の合宿についてきた関係者だろうか、選手たちとは一線を引くようなスタンスの中年男性がふたり、厨房の前のグラウンドで「ジャージ」についてずっと話していた。 体育会系の人は地声が大きいタイプが多いので、聞くともなく聞こえてしまうことが多い。

「春の某社の新デザインはカッコ良くて欲しいが、値段が高いので買おうか迷っている」だの、「自分は学生の頃からずっと某社のものしか着たことがない」だの、結構熱く盛り上がっている。 「たかがジャージ如きで・・」などと思いながらお昼ご飯の材料を切っている私とは、すごい温度差であった。

ジャージは確かに着ていて楽だし丈夫には違いないが、どうも肌触りの感触が好きではないので、ルーム・ウェアとしては使っていない。 でも、スポーツと言ってもウォーキングや軽いランニングを日常的に取り入れている人が増えていることを考えれば、ちょっと近所に出かける程度ならわざわざ着替えなくていいことは、ポイントになり得るな、とも思う。

それに、中年男性の話ではないが、結構ジャージは高い。 たまにスポーツウェアの売り場を覗いたりすると、びっくりするような値段が付いているものもあって驚かされる。

若い頃、飲み友達と待ち合わせしたら、相手がジャージ姿で現れたことがあった。 「いくら相手がアタシだからって、ジャージは無いんじゃない?」、と、呆れる私に彼はこう言い放った。 「えっ? だってこれ、外出用のジャージだよ!」 まあ気持は分からなくもないが、店が店なら入り口で弾き出されたんじゃないかと思う。

最近ではジャージ素材も見直されて、デザイナーの元でファッションのアイテムとして生まれ変わり、ショーでモデルさんが着たりもするらしいが、何だかどうもピンとこない感じがある。 土埃をかぶりながら走っている、そんなイメージから抜け出させてあげられない。 やっぱり私の中ではどうしても、「ジャージはジャージ」なんである。

あんな歳になってもジャージの話題で盛り上がれるなんて、さぞかしコテコテの体育会系で熱い学生時代を送ったんだろうな、そんなことを想像しながら、ホウレンソウを洗っていた。

|

« 一年後 | トップページ | 妙な風物詩 »

コメント

僕は家にこもっていることが多いので、1日中ジャージだったりします。スーパーで1000円、綿100%のやつ。ポリエステルとか入ってるやつは、どうも肌触りが嫌いで、でもなかなか綿100%ってないですよね。
全然着るものにこだわらない僕ですが、でもジャージで外出はしません。ファッションとしてのジャージも理解できないですね。

投稿: Mr.Spice | 2009.03.10 14:11

こんばんは、Mr.Spiceさん。
えっ?綿100%のジャージ?!そういうのもあるんですか。 知りませんでした。 お恥ずかしい・・。
それならば肌触りも良いかも知れませんね。 今度探してみたいと思いました。

結構ジャージ姿で外出している方、見かけますよ。 きっと楽なんだろうな、と、思います。 いかにも近所って感じですかね。

投稿: リーボー | 2009.03.10 21:00

こんにちは。
ファッションでウォーキングやサイクリングをされる方が増えているので、オシャレなジャージを買う方が増えているって、某百貨店の方が言っていました。
一昔前のGパンと同じで、近い将来、市民権を得るのかもしれませんね。

なんて言うオイラのジャージは専らパジャマがわりですけど…。

投稿: クッスィ~ | 2009.03.12 13:26

クッスィ~さん、いらっしゃいませ。
へー、売れてるんですね、ジャージ・・全然知りませんでした。
確かに昔のように「いかにもスポーツ」という感じではない、オシャレなデザインも増えているような気はします。 案外侮れないかもしれませんね、ジャージ。 今度機会があったら、じっくり見てみようかな。

ジャージ、布団の中でごわごわしません?? あっ、綿100%のものなら、正にパジャマと変わらないか。

投稿: リーボー | 2009.03.13 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャージ:

« 一年後 | トップページ | 妙な風物詩 »