« 「じゃがポックル」 2 | トップページ | 代役お断り »

2009.04.28

蒸し鶏

ちょっと前なら迷わず鍋にしていたところだが、気温も高くなってきたので常温で食卓に並べるメニューも少しずつ増えてきた。 たっぷりの新タマネギと一緒に。

蒸し鶏

  • 鶏モモ肉        2人につき一枚
  • 醤油と味醂と酒と水  肉一枚につき大さじ1ずつ
  • 砂糖           肉一枚につきひとつまみ
  • コショウ         適宜
  • あれば生姜、長ネギの青い部分、ニンニク、八角(スターアニス)等
  • サラダに使う野菜をお好みでたっぷり
  1. 鶏モモ肉は余分な脂や筋を取って掃除し、フォークや包丁の先で両面にプツプツ穴をたくさんあける。
  2. 耐熱性の器やパット等に醤油・味醂・酒・水・砂糖・コショウを合せ、鶏肉を入れて表面に絡め10分放置する。
  3. 蒸し器に湯を沸かして準備しておく。
  4. 手元にあれば生姜スライスや長ネギの青い部分、ニンニクや八角を2に入れ、皮の方を下にして、アルミ箔で覆って蓋をする。
  5. 蒸気の上がった蒸し器に4を入れ、中火に落して12~15分蒸す。 菜箸を肉の厚い部分に刺してみて、透き通った肉汁が出てくれば大丈夫。
  6. 蒸し器から器ごと取り出して、そのまま常温に冷めるまで放置する。
  7. スライスした新タマネギ、レタス、トマト、キュウリ、かいわれ菜や、ミョウガ、大葉等の香味野菜等をたっぷりと皿に敷き、出来上がった鶏を薄い削ぎ切りにスライスして並べる。
  8. 蒸し汁を適宜肉の上からかけ、お好みで練りがらしを添えていただく。

熱量制限の必要な方は、蒸して冷ましてから鶏の皮を除くと良い。 残った蒸し汁はスープや野菜炒めの調味料にして食べてしまえばエコロジー。 冷蔵庫でしばらくは日持ちするので、時間のある時に作っておくと便利。 お弁当のおかずにも。

|

« 「じゃがポックル」 2 | トップページ | 代役お断り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒸し鶏:

« 「じゃがポックル」 2 | トップページ | 代役お断り »