« やるべきこと | トップページ | きっとセンスが無いんだと思う »

2009.05.25

「一粒で二度美味しい」?

スナップエンドウを下茹でしようと思って背中の筋の部分からふたつにぱっくりと開いたら、中の豆がつやつやと色具合も鮮やかに並んでいた。 いくつか見ている内に、「豆は豆として食べても美味しいだろうな」などという考えが頭に浮かんできて、それでは・・と早速試してみることに。

スナップエンドウの筋を取りながら鞘をふたつに開いて、中に収まっている豆を取り出し、豆と鞘に分ける。 鞘は塩少々を加えた湯でさっと茹でて、適当に刻んでから「胡麻和え」に。 で、豆は「豆ご飯」に。 最近は豆に皺がよるのを嫌がって、別に煮てからご飯と合わせるのも流行っているらしいが、私は炊き込みご飯なら素材の香りや味がご飯にしみ込むところに価値があると思っているので、オーソドックスに最初から一度に炊く。 お米2合を研いで、炊飯器に普段の分量の水を入れて吸水させておく。 豆は荒塩少々で揉み10分放置。 その後塩を洗い流して、新たな塩小さじ1と酒大匙と共に炊飯器へ。 いつも通りに炊き上げ、スイッチが切れたら更に酒大さじ1を振って、いつも通りに蒸らして出来上がり。 俗にグリーンピースとして売られているものよりも、豆の甘みが強くて青臭さは少ない印象だった。 白状すると実は私、グリーンピースはあまり好きではないのだが、これならば美味しく食べられる、と、思った。

体(てい)の良い「使い回し」・・これはこれで二度楽しめて良いかも。

|

« やるべきこと | トップページ | きっとセンスが無いんだと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「一粒で二度美味しい」?:

« やるべきこと | トップページ | きっとセンスが無いんだと思う »