« きっとセンスが無いんだと思う | トップページ | 今日という一日 »

2009.05.31

お寺さん

法事(仏教なので回忌法要と呼ぶのだろうか)に行ってきた。 客観的に参列するというよりは、もう少し内部的な、半分はおもてなしの役目といった立場だ。 東京なので地方都市よりはあっさりしているが、それでもそれなりになんだかんだと・・。 まあ若い年齢層の人たちは仕事で忙しいので、実質的にはそれぞれの家族の中のお年寄りが代表として出席している感じで、雰囲気も独特だ。 菩提寺サイドもその辺りは対応に手慣れているようで、例えば御本堂内が和風の椅子席だったり、ちょっとしたバリアフリーの設計がなされているし、ご住職のお話もはっきりと大きな声で聞き取りやすい。 法要自体がゆっくりと余裕を持って進行してゆく。

残念ながら細くて柔らかい雨が降ったり止んだりしていたので、お墓に参拝するにも傘が必要だったのだが、港区という東京のど真ん中にありながらどこかしっとりとしたお参りになって、逆に良い意味での印象が深かった。 やはり祈りの時間と空間には、ある程度「脱日常的」な落ち着いた雰囲気が相応しい。

今回は十三回忌だった。 参列者のことを考えると、多分もう回忌法要はできないんじゃないかとのこと・・。 今回も病気があったり体調が悪かったり歩けなかったりして、出てこられない方がたくさんおられたようだ。 卒塔婆代やお仏前を送ってくださった方には、それなりのお返しを手配しなくてはならないので、参列してくださった方への対応とは別に、もう一つ別の仕事になる。 施主はその辺りの二度手間も精神的に負担なようだった。 施主自体ももうそれなりの「お年寄り」なので、自分の能力が落ちてきたことの自覚があるし、それを子供たちの代に、全てそのまんま受け継がせる必要もないと考えているようだった。

法要が終わってから、ご住職と個人的に少し話をさせていただいた。 若い人たちにお寺を身近に感じてもらおうと「座禅の会」や「写経の会」を開いてみたり、地域のフリーマーケットに駐車場を提供したり、大晦日には一般の方々にも除夜の鐘をついてもらったり、いろいろと工夫なさっておいでのご様子だ。 「それでもねえ、やっぱり難しいですよ。 そんな簡単には仏さんのお話は聞いてくれませんよ。 毎日のことに必死の世の中ですからね、無理もないですよ、分かりますよその気持ちは。」だそうだ。 門前の小さな掲示板のような場所にも、「なんとか自殺を踏みとどまってもらいたい」との思いから、命の大切さをダイレクトに書く機会が増えていると、お話してくださった。 「拝まなくたって仕方ないですから、せめて生きていてください、死なないでくださいって、もはやそういうレベルの話ですね。 あなた自身の中に仏様もおいでだし、お先祖さま方もおいでなんですよ、決して一人ぼっちで生きているわけじゃないんですよと、お伝えしたいんですけれども。」 

祈りの気持ちは変わらなくても、その形態は時代によって少しずつ変化してゆく。 変化せざるを得ないのだろうとも思う。 本質を変えずに時代のニーズにどう応えるのか、宗教の難しさはその辺りにあるのかも知れない。

|

« きっとセンスが無いんだと思う | トップページ | 今日という一日 »

コメント

最近、さんまさんと大竹しのぶさんの長女のいまるさんが、デビューなさったようで、彼女の名前の意味「生きてるだけでまる儲け」(さんまさん)とか「今を生きる」(しのぶさん)をまた耳にする機会が増えました。
彼女が有名になって、その名前が広まるだけでも、なんだか世の中に良い影響をもたらすのではないかなぁと、思ったりします。
「宗教」はちょっと敷居が高かったり、変な宗教がらみの事件などもあって、敬遠されがちかな。
それでも、世の中に祈る人たちがいて、この世の中がなんとか平和に保たれているのではと思いますし、大切なことを忘れないで生きていたいと思いますね。
大竹さんはカトリックの信者さんでしたね。

投稿: かおる | 2009.06.06 15:21

かおるさん、こんにちは。

「祈る」にもいろいろあるじゃないですか・・偶像のようなものに向かい合って背筋を伸ばして決められた文句を唱えるのも祈りなら、反対に、意識さえあれば暮しの全ても祈りとなり得るし、生きていること自体が既に祈りという考え方もできますしね。 その辺りを既存の宗教者はもっと説明していく努力をしなくてはいけないのかもしれないと考えたりします。

とりあえず多くの日本の人々にとって、宗教が生活から離れた所に位置しているのは事実で、その離れ具合がだんだん遠くなっていっている気もします。

「幸福の科学」さんが政治に進出のようで、また世間的に議論がなされそうですね。

投稿: リーボー | 2009.06.06 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お寺さん:

« きっとセンスが無いんだと思う | トップページ | 今日という一日 »