« 風は緑色 | トップページ | ウズラの卵を見ながら »

2009.05.18

山頂の爬虫類館

● 日本平動物園へ行く機会があった。 動物園はウン十年振り。(水族館は大好きなのでそこそこ行くのだが。) いかにも「昔からやってます」という感じで、どことなくノスタルジックな香り漂う懐かしい雰囲気だった。 ミミズクが白内障になっており、目はほとんど見えていないらしいが、聴覚が発達しているので生活は自立しているとの解説があったり、アリクイが「足のけがの治療中」とのことでまっ白い包帯を巻いていたり・・。 動物たちも色々とあるのだろうな、などとちょっとしんみりする。

● 「なんだかどこからか鯖臭い匂いがする」と、思って近付くと、そこはペンギンのブースで、餌として鯖を貰っているとの解説に納得。 隣のアザラシは鯵だそうだが、そちらは匂わなかった。 鯖、強し。

● 車道を挟んだ向こうの隣山の山頂に爬虫類館がポツンと建てられていて、晴れていれば「動く椅子」のような施設で移動できるのだが、生憎の小雨模様で操業を停止されており、テクテクと山登りを強いられる。 ちなみに「動く椅子」は別料金。 何故にわざわざ山頂に爬虫類館?? 市街地や海まで見渡せてなかなか気分の良い場所ではあったものの、蛇や亀やワニ・カメレオンなどの唐突さに圧倒されて、不可思議な印象が強く残る。 ワニは微動だにせず、作り物のようでお見事。

● 某乳業メーカー協賛で、地元歯科医師会が「無料乳幼児歯科検診」みたいなものを、動物園内の管理棟でやっていた模様なのだが、雨のせいか入園者自体がまばらで、果たしてどれだけの参加者が集まったのか、他人事ながら心配になる。 帰ろうとしたら、屋根付きベンチでスーツを着た歯科医師2名が男同士でお弁当を食べていた。 隣りのベンチには乳業会社の女性2名が。 一緒に食べればいいのに、とか、動物園で大人がスーツ姿でお弁当という不釣り合いさとか、気になってしまう。 お仕事ご苦労様です・・。

● 幼児を連れた両親と祖父という組み合わせに見えるご家族。 サイのブースに向かって歩きながら、おじいちゃんが孫に大声で、「ホラ、象だ! あれは象だらぁ!(静岡弁で『だらぁ』は『だよ』の意味)」と言っている。 両親は他人のふり。 思わず代わりにツッコミしてあげなくてはいけないような気分に襲われて困った。 おじいちゃん、それは象じゃなくてサイです。 

|

« 風は緑色 | トップページ | ウズラの卵を見ながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山頂の爬虫類館:

« 風は緑色 | トップページ | ウズラの卵を見ながら »