« 何事もチャレンジ | トップページ | 経験は無いけど。 »

2009.07.08

野菜の勢いに押される

収穫したばかりの瑞々しい野菜をたくさんいただいた。 包丁を入れるとピシッと音を立てて割けてしまうようなキュウリ、ほくほくの大きなジャガイモ、しゃきしゃきと甘いインゲン、鮮やかな緑色のモロッコインゲン・・どれもこれも野菜の内部に、はち切れんばかりの「勢い」が貯め込まれている感じで、うかうか料理しているとこちらが負けてしまいそうだ。 完全無農薬での栽培だそうだ。 趣味の域をとっくに通り越している出来栄えに、思わず「御商売でも始められそう」などと、余計な冗談が出た。

少し前、地域のJAが経営する農作物直売所へ行ったら、隣の建物がプロユースの農機具や肥料などを扱う購買所になっていた。 一角に農薬のコーナーがあり、当然農家用なので日曜菜園用と違って販売単位も大きい。 そこの壁にでかでかと『農薬の使用は消費者のために』という文字が掲げられていたのを、同行者が見たとのこと。 「ために必要です」なのか、「ために少なくしましょう」なのか、で、大違いになるな、と、聞きながら思ったのを覚えている。 でも、JAは農薬も売る側の立場だから、あんまり購買意欲を削ぐようなポップは掲げないような気もするし?・・真意の程は謎である。

届けられた野菜の作り主が「御商売でも始められない」のは、それがシスター(修道女)だからだ。 自分達が修道院で食べる野菜の一部を、修道院の庭で作っている。 それも、私が暮らしている場所なんかよりもよっぽど都会の街中で。 伺ったこともあるが、畑にはちゃんと虫も集まり、それを餌にする小鳥達もたくさん鳴いていて、タヌキなんかも集まってくるそうだ。 「こんな街中にこんな自然豊かな環境があるなんて!」と、本当に驚かされた。 自然は隠れているだけで、その気になればちゃんと正体を現すのだという底力が、心強くもあり、それを押さえつけて抑制している人間の存在が怖く感じられもした。

今年はその修道院の庭の木にカラスが巣を作ってしまい、花壇の手入れをしていたシスターが襲撃を受け、頭から血を流す事故が起きているらしい。 役所に依頼して巣を取り除いてもらうべきか、子育てが終わるまで近寄らずにそっとしておいてあげるべきか、思案中とのことだ。 自然との共存は、口で言うほど生易しいものではない。 結局は「生きるか・負けてつぶされるか」なのだという部分を、隠し通すことはできない。

自然と人間の生活、生産者と消費者・・どこまでの線でどちらがどこまで妥協するのか、どこまで我慢できるのか。

冷蔵庫にたっぷり詰まった、元気満ち溢れる野菜たち。 新鮮なうちに食べてあげなくては・・という大きなプレッシャーも感じつつ。 食べ物から元気を貰って、じめじめの鬱陶しい時期を乗り切ろう。 

|

« 何事もチャレンジ | トップページ | 経験は無いけど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の勢いに押される:

« 何事もチャレンジ | トップページ | 経験は無いけど。 »