« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.23

まあ色々ありますわなあ

父がまた肺炎になり入院。 半月前と同じ病院だが、以前の主治医が退職して担当医が別の医師に変わる。 この医師がまた何というのか、良く言えば物事をはっきり言って、治療方針をしっかり考えてくださる方、なのだが、悪く言えば、感情的で、患者や家族の考えを受け入れるつもりが無く、「自分の考えに従わないなら即刻出て行ってくれ」的な方。 要約するなら、全部自分の中で完結しないと納得できない人なのだと思う。 チームで、とか、みんなで、とかは全く考えていない「裸の王様」みたいだ。 まだお若いようなので、たくさんの人生経験を積まれることを期待したいが、とりあえず当方の課題は、この難しい主治医の能力をいかに活かして、気持ちよく仕事をさせ、結果として良い医療を父に受けさせるか、である。(傲慢な表現だな。 いや、珍しくしっかりとものを言える先生なんです、本当に。)

そんな中で、たくさんの方々のご尽力を得て、セカンドオピニオンにもご協力いただいて、今の病院に入院したまま、現時点で最善と思われる方法を選択し、それを主治医にやっていただけるように、何とか家族としての責任を務める目処が立った。

『ますたあ』と全てをぶちまけてちゃんと話ができる関係であることに、改めて感謝、だ。 自分で言うのも変だが、結構お互いにクールなので、客観的に建設的に話を進めることができる。

迷って考えて、祈りつつ徹夜したのも久し振りの事で、さすがにこの歳になればリカバリーもきつい。 だが、気分転換が最重要課題であることが自分でも分かっていたし、頭を使ったのと同じくらい体を使って、率先して疲れることも必要な気がした。 その他にもいくつか条件が整ったので、思い切って静岡のツインメッセという施設で公開されている「人体の不思議展」を見に行ってきた。

人間の死体から水分を抜き、血管やリンパ管の中身を特殊プラスチックで置き換えた展示物に対しては、もちろん色々な意見があるようだが、生前に寄贈意思を受けた全身骸骨を、毎日教室で見て触りながら学生時代を過ごした者にとっては、何の抵抗も無く見学できたし、人体の無駄の無さ、その洗練された構造や出来栄えに、ただただ感心するばかりだった。 長い時間をかけて進化してきたものだけが持つ、一切の無駄を省いた「美」に近いものが、そこには存在している。 しかも、圧倒的な存在感を持って、だ。 こんな繊細なものを対象にしている医療という名の修理や調整まで、人はある程度可能にしていること自体が、大きな驚きのように感じられた。

物理的な人体であっても、一切の無駄を省くことで、存在そのものが「本質」に近付くのだな、と、思いながらの見学。 同時に、身の回りの生物全てがそうなのだと思うと、何か大きな力の前にひれ伏すような気分になる。

ついでに静岡の街を散策し、経済活動の様子を観察しながら、秋向きのレターセットを買った。 途中で若い男の子に呼び止められ、それがメモリアの常連さんだったご家族のお子さんで、びっくりするやら成長に驚くやら、悪いことはできないな、と、思うやら。

だいぶ秋の気配が濃くなってきた昨今・・皆様もどうか夏の疲れにやられないようご注意を。 インフルエンザも流行っているようだし。 私もうがいと手洗いをしっかりしましたです、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.16

「すみません」

ひょんなことから、人から謝られる立場に置かれ、とにかく色々な人に謝られ続けた。 次から次に謝られのも、案外疲れる。 それは、謝っている相手の気持ちを、とりあえず一旦は受け取らなくてはならないからだ。 それに対し、目の前の現実を、「すみません、すみません」と頭を下げられて、「いいえ」と安易に受け入れられる状態でもないのだし。

組織として会社として何よりも恐れるのは、今回の件を訴えられることだろうから、「とりあえず謝れ!!」というマニュアルが存在していたっておかしくはないだろう。 申し訳ないが、「ちゃんと『すみません』っていう申し訳ない気持ちで、あなた謝ってる?」の言葉を何度も呑みこんだ。

こちらは最初から訴えを起こすようなことは考えていなくて、極端な表現をすれば「人がやっている以上、必ず事故は起きるもので、完璧は無い」ぐらいに思っている。 ただし、だ。 事故を避けるために最大限の努力を継続的に行うべきだし、常に事故と背中合わせである意識を持ち続けて欲しいとも思う。 覆水盆に返らず、で、起きてしまったものは戻せない。 今回の事故をていねいに検証して、繰り返す様な事が無いように対処することを求めるしかないのだ。 「すみません」で済まされたら困るのである。 そちらのすべきことは今まさに始まったばかりなのだということを、「すみません」と言ってくれる人たちが理解してくれているだろうか。 ちゃんと伝えなくてはな。 謝られながら、そんなことも考えていた。

とにかく、「すみません」と謝られるのは決して嬉しいことではないという当たり前のことが、よーく分かった。 「誠意って、何でしょうね。」・・ドラマ『北の国から』のセリフが思い出されて、頭の中から離れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.14

夜が来て。

あー、何が何だか。

一日の内に色々なことがあって、起こって、気持ちがあちこちに大きく振られて。

気持ちだけどこかに置き去りにして、単純に片っ端から処理できたら、どんなに楽だろうかと、思う。

でも、それは私らしくない気もして、ちょっと考えてから否定する。

久し振りに酔っ払いになる。 たまにはいっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.12

地震の後片付け

東名高速道路が分断されていても、「世の中のお盆休み」はやって来る。 とりあえず道路が混んで身動きが取れなくなる前に、と、町へ出て買い出しを済ませ、父のお世話になっている施設へ顔を出す。

地震の後、元気でいるとの報告を電話で受けていたので、心配はしていなかったが、いざ施設内に足を踏み入れてみると、地震の足跡がたくさん残されていて、思っていたよりも影響は大きそうだ。 何箇所か壊れた所もあるらしく、業者の方が電動ドリルを動かしている音が響いたり、工務店さん?が壁を見て回っていたり、普段見慣れない業者の方々の姿が。

父は個室に入居しているが、タンスの引き出しがとっ散らかったらしく、床に落ちたものを大きな段ボール箱に入れ、とりあえず居住領域を確保したといった感じで、ベッドと個室内トイレ周りだけは整えられていた。 床を掃除し、歪んだものを直し、箱の中身を確認しながら元の場所へ戻してゆく。 父の「身の回りの品」は必要最小限にとどめてあるので、それでも片付けは楽な方だと思われるが、なにせ物が捨てられないお年寄り達の事・・スタッフの手も回らない部屋がまだまだあるに違いない。

床や机・テレビなど平面の上には、壁材なのか何なのか粉のようなものが積もっていて、揺れの大きさを物語っていた。 私は地震の後を片付けたのは今回が初めてなので、いちいち興味深く思うことが多い。 ベランダに置いてあるエアコンの室外機の位置がずれていたり、壁にかかっていたカレンダーが落ちていたり。

他のお元気な入居者の方々と立ち話をすると、お部屋によっては足の踏み場もないほど物が崩れ落ちたり、ベッドまで動いたりしたらしい。 話だけを伺うと私達の自宅よりも揺れが大きかったようにも聞こえ、改めて怖くなる。 でも、怪我人はひとりも出なかったとのことで、「良かったですねー」 「本当に」と、会話できるありがたさをしみじみと味わった。

父も思っていた以上に落ち着いていて、と、言うか、時間の感覚が彼の中でずれているのかもしれないが、何事も無かったように「いつもの父」だった。 安心した。 一緒に午後のお茶を飲みながら、くだらないことで笑い合う、その時間がいつもよりも何倍かありがたいもののように感じられた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.11

地震

震度6弱だったらしい。 こんな過疎の市が全国放送のニュースで何度も名前を連呼されるものだから、なんだか変な感じを受けながら、ニュースを付けっ放しにしていた。

大きな揺れが来る直前に「おやおや?」というような、変な感じがして目を覚ましたのだが、なにせ午前5時なんて爆睡の底だったもので、何が起きているのか理解するまでにしばらくかかった気がする。 おかげであまり焦らずに済んだ。 ニュースで、慌てて二階から飛び降りて腰を怪我した人が報じられているのを見て、目覚めた瞬間にそんな行動を起こせるなんて凄い!などと、うっかり思ってしまったくらいだ。

食器棚の中でグラス類がドミノ倒し状態になっていたのと、一部の皿が雪崩を起こして割れたくらいで済んだ。 ありがたいことにライフラインも初めから無事。 あっ、でも、厨房に置いてある冷蔵庫が、揺れの方向に2センチ近くずれていたのを見つけて、後から怖くなった。 床の色が違っていたので気付いたのだが。

お昼近くになって雨も上がり、一安心したら気が抜けて眠くなってきた。

 ● ご心配いただきまして、どうもありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大丈夫です

ご心配の連絡をいただいている方々、どうもありがとうございます。

食器が少々壊れたくらいで、今のところ日常生活に問題はありません。

ご安心ください。

詳しくはまた落ち着いてから・・。

 リーボー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.09

他人事のような残暑

天気予報をやっている美人のオネーサンに、モニターから「残暑にお気をつけください」と言われてびっくりする。 そうか、もう立秋過ぎたんだっけ。 どうやら「本暑」が来る前に「残暑」になってしまったようだ。 なんだかぴんと来ない。 ビールが美味しいことだけが、唯一の夏らしさのようにも感じられている。

一昨日の真夜中、それはそれは立派に育ったムカデに顔を這われ、多分生涯の中で数回目の悲鳴を上げて飛び起きた。 ぼんやりした頭で目を開けた瞬間、黒光りするうねうねしたものを超至近距離で見た不気味さったら!! あまりの精神的ダメージに、「噛まれなくて良かった」などという境地にまでまだ達することができない。 2階の客室に寝所を移しているが、いつも心のどこかが不安でちょっとしたことで目を覚ます。 まるでミニミニPTSDだな、こりゃ。 恨めしやぁ~・・でも、噛まれていたら本当に「お岩さん」になっていたかも。

キュウリを小さめの乱切りにして、軽く塩揉みしてから、ぎゅっと水を絞る。 お好みの甘酢(甘さはいつもよりちょっと控えめに。)を作って、ニンニクのすり下ろしとお好みで唐辛子を加え、電子レンジで一度沸騰させ、そこにキュウリを混ぜて冷ましながら味を馴染ませる。 ちょっとした箸休めにナムル風。 すりゴマやショウガ、ラー油、胡麻油でアレンジしても。 冷蔵庫で冷たくしても美味しい。 さっぱりした涼しい味。

ノリピーのやったこと、不快だし「心情によろしくない」ことばかりだが、百歩譲って、あの「したたかさ」だけは見直した。(それ、一般的には「そんな人には見えなかった」とでも表現するのだろうか。) 誰でも抱える自分の中にある「悪(ワル)」の部分、「反体制」の部分、どこで折り合いをつけてどう空気抜きしてゆくかは、ちゃんと学生時代に身につけておかないと、ね。 ティーンエイジャーの芸能活動が悪いことだとは思わないけれど、学生時代に学ぶべきことは勉強だけではない訳で、そこが置き去りにされたまま社会に出てしまったら、結局後々苦労するかもしれないと。 そんな事例が続いているように思う、元ジャニーズJr.の事件とか。 やっぱり「然るべき時」に、「大丈夫、こいつら時期が来たらちゃんと勉強するから。」と、信頼して見守ってくれている大人の存在の下で、それなりに羽目を外す一時期もまた大事なのかもしれない。 昔習った『エリクソンの発達課題』のことを思い出した。

今日は洗濯物がからりと乾いて嬉しい。 夕ごはん、何作ろうかな?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.01

涼しい

涼しい。 戸惑うくらいに。

カレンダーを一枚めくり上げたまま、こんな涼しいのに8月にしてしまって良いのだろうか・・と、破くのを躊躇した。 楽と言えば楽に違いないものの、なんだか大丈夫かと不安になる。

昨日は久し振りに山の中のトレッキングコースを、歩き&軽く走りした。 人の気配に驚いた蝉が慌てて飛び立ち、私の腕にとまる。 ぐいっとしがみ付かれてみると、足先なのか爪なのか肌に喰い込んできて、思いの外に痛い。 蝉は成虫になってからは短命と聞くが、命の力の強さに振り払うのも悪いような気になって、そのまんまブローチのようにくっ付けて蝉と一緒に風を切った。 里山の麓のゴルフコースまで降り、グリーンの鮮やかな緑色が広がった瞬間、我に返った蝉がビッと羽音を立てて飛び立って行った。 見送りながら、不思議な感覚を自覚する。 懐かしいような、どこかで見たような、いつかの夏を思い出すような。 かと言って、何か具体的な出来事が思い出された訳ではないのだけれども。 きっと私も走った暑さでぼんやりしていたんだろう。

ゼリーが恋しくなり、手っ取り早くインスタントの粉末を使ってコーヒーゼリーを固めた。 微糖にしておいて、食べる時に安っぽいバニラアイスを乗せ、溶けてきたところをソースのように絡めていただく。 「安っぽいアイス」という所がミソで、高いアイスでは何故か美味しくない。 多分本体とのバランスの問題。 立派なアイスだとコーヒーゼリーを食べているのではなくて、単にアイスを食べている気分になってしまうのだ。 「ゼリー、無くてもいいじゃん」・・みたいな。 主役はあくまでもゼリーなので、脇役は控えめに。

某有名な和菓子屋さんの夏菓子の詰め合わせ。 包装も箱も立派だし、個別包装の意匠もさすがと思われたのに、食べてみたらがっくり。 それも近年稀に見るがっくりさ具合で、思わず凹む。 「馬鹿にされるにも程がある!」の声に苦笑。 これもバランスの問題か。 二度とこのお店は使わないぞ、と、しっかり記憶を海馬にプールするつもりでじっくり味わって食べた。 残念なものに出会ってしまった時の凹み具合は、夏のけだるさを助長する。 引きずらないように、何かでちゃんとリカバリーしておかねば、な。

あっ、また雨降ってきた・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »