« レオ・レオニさんの絵本 | トップページ | THE SAME MOON »

2009.09.28

わざと凝らない

こういったものは、凝れば凝るほどきりが無いし、凝ればそれなりに美味しくなることも知っているけれど、わざと凝らないで作れば原点に戻ったようで、妙に新鮮に感じられたりもするから不思議だ。

 鶏手羽焼き    2人分

  • 鶏手羽なか      10本ほど
  • 醤油とみりん     大さじ2ずつ
  • 酢            大さじ1
  • ニンニク        すりおろし少々
  • 塩と胡椒        適宜
  1. 鶏手羽なかの骨に沿って包丁を入れ、塩少々を振って10分ほど置く。 じんわり染み出てきた余分な水分をペーパータオルで拭き取る。
  2. ボウルや食品用ビニール袋に醤油とみりん、酢、ニンニクを合わせ、1の鶏肉を漬けて30分放置。
  3. オーブンを180℃に余熱し、天板にオーブン用ペーパーを敷いた上に、2から取り出した肉を並べて胡椒を振り、25~30分焼く。

適当な野菜を付け合わせてどうぞ。  鶏肉と一緒にベイクドポテトや焼き野菜(ピーマン・茄子・ズッキーニ・かぼちゃなど)を焼いてしまえば一石二鳥状態。 オーブンが面倒ならば魚焼きグリルで焼いても。

骨付きの肉はポテンシャルが高いので、あんまり考え過ぎなくても良いのかもしれない・・なんていう気になる。 

|

« レオ・レオニさんの絵本 | トップページ | THE SAME MOON »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わざと凝らない:

« レオ・レオニさんの絵本 | トップページ | THE SAME MOON »