« 今からできること | トップページ | 秋はみんなお腹が空く »

2009.10.08

へえ、作れるんだ。

ずいぶん前、アメリカの一般家庭で普段作られるようなお菓子の本を読んだ時、「マシュマロ・ポップ」という名前で紹介されていたレシピがあった。 ポップコーンを用意し、マシュマロとチョコレートとバターを合わせてポップコーンと同量にしたものを鍋で煮溶かし、そこにポップコーンを混ぜ合わせて、熱いうちにスプーンでひと口大にしてから冷ます、というものだった。 残念ながら分量の配分は書かれていなかったものの、いつか作ってみたいと思っていた。

別件で、しばらく前まで「『難消化デキストリン』を食物繊維として添加した某社のシリアル」を、味も気に入って続けて食べていたのだが、どうしたことか自分のガスが異常に臭くなるという(下品な話題で、ごめんなさい。)デメリットが発生し、パッケージの半分量を残してしまった。(摂取を中止したら、速攻でガス臭も普段レベルに戻った。 一体何だったのかは疑問だ。) で、残ったシリアルを捨ててしまうのも勿体ないので、シリアルクッキーを焼いたりしたが、まだある。 たまたま買い物の最中にマシュマロが売られているのが目に付き、「ああそう言えば・・」と、思い出した次第だ。 ポップコーンじゃなくても何とかなるんじゃないかと、いつものように思いつきのゴーサイン。 タイミングは捕まえておかないと、ね!

アメリカンな家庭じゃないので、できれば熱量は控えたい。 チョコレートは使わず、バターもほんのちょっとの香り付け程度に控えた。 そうしたら、世の中に売られているシリアルバーにそっくりなものが出来上がって、びっくり! なんだ、作れるんじゃないか。

 シリアルバーもどき  10本分くらい

  • お好みのシリアルとドライフルーツ、ナッツ合計で1カップ分
  • マシュマロ  1カップ分
  • バター     10g(大さじ1弱)
  1. ドライフルーツはダイス状に切る。 例えば干しブドウぐらいならそのまんまでも。(硬かったらぬるま湯や洋酒に馴染ませてください。) ナッツは必要に応じて空炒りして、そのまま食べられる状態にしてからお好みに応じて切るか叩き割る。 ピーナッツや松の実なら切らなくても良いかも。
  2. パットやケーキの焼き型、皿、牛乳パックなどを使って箱型の容器を見つけ、内側にオーブンペーパーを敷きこむ。(12センチ程度のスクエアーや、7×14センチの焼き型、1リットルの牛乳パックの一面を切って直方体に整えたものなど。) 型が無ければ、スプーンでひと口大にすくってドロップクッキーのようにすればよいので、平らな場所にオーブンペーパーを広げておく。
  3. フッ素加工の鍋かフライパンにマシュマロとバターを入れて弱火でじんわりと過熱し、木べらで混ぜながら煮溶かす。
  4. 鍋を火から下ろして、シリアルと1のフルーツとナッツを加え、手早く全体が均一になるまで混ぜる。 熱いうちに2の型に移して、木べらで押さえつけるように型に合わせて伸ばす。 または、スプーンでひと口大にすくって、オーブンペーパーの上に間隔を空けて落としてゆく。 扱いが難しかったら掌にバターを薄く延ばして、手で丸めていっても大丈夫。(そんなに熱くは無い筈だが、一応は火傷に注意!)
  5. そのまま冷めるまで放置。 冷めると固まるので、型からペーパーごと取り出して、包丁で好みの大きさ・形に切る。
  6. 蓋のできる容器に入れて保存する。 持ち運ぶならオーブンペーパーでキャンディー包みにするか、アルミホイルで包む等工夫を。

●完全にカリッと乾いた感じではなく、少しウェットな食べやすい感じの物ができます。 よりウェットにしたければバターを増やしてください。 50gくらいまで増量可。  ●マシュマロ1カップと言われても、ゴロンゴロンとして計測が難しいと思いますが、だいたいのアバウトさで大丈夫です。 混ぜ込む時のシリアルの量で調整してください。  ●無糖のシリアルを使えば甘さを抑えられます。 私は加糖タイプで作りましたが、甘すぎるほどではありませんでした。 コーンフレークでも、ライスシリアルでも大丈夫。  ●バターは10gほどなので、わざわざ無塩バターを用意しなくても塩入りで大丈夫ですし、マーガリンで代用することも可能と思います。  ●きっとホワイトチョコを混ぜて作ると、本当に市販の物に近づくような気がします。 余裕があったらいろいろ混ぜて工夫してみてください。

|

« 今からできること | トップページ | 秋はみんなお腹が空く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へえ、作れるんだ。:

« 今からできること | トップページ | 秋はみんなお腹が空く »