« 着ぐるみ | トップページ | 今からできること »

2009.10.04

嫁だって食べるよ

茄子はやっぱり油と相性がいい。 熱量が増えると気になりつつも、「仕方ない」と言わせてしまう何かの存在を否定できない。

 茄子と鶏肉の薬味煮 (2人分)

  • 鶏もも肉       一枚
  • 茄子         2本
  • ニンニク       半片
  • ショウガ       ひとかけらの半分
  • 長ネギ        15センチ分
  • 唐辛子        半本
  • 味噌と醤油     大さじ4分の3ずつ
  • 砂糖と酢       大さじ半分ずつ
  • 水           100cc
  • サラダオイル    適宜
  1. 茄子はヘタを除き、たて横半分ずつに4つ割りにして、それぞれに切り込みを入れてから、水に短時間晒してアクを除く。 ざるにあげておく。
  2. 鶏肉は余分な脂を除き、熱量が気になる場合は皮をとって、大き目のひと口大に切る。
  3. ニンニク、ショウガはみじん切り、長ネギは細かく小口切りに。 唐辛子は種を除いて小口切りに。 辛くしたくない場合は省略も可。
  4. フライパンか鍋に多めのサラダオイルを熱して、茄子の表面を焼く。 熱量が気にならない場合は、さっと素揚げにすればより美味しい。 この段階では6割方火が通っていれば良い。 熱した茄子は器に取りだす。
  5. フライパンか鍋に新たに少量の油を熱して、鶏肉を炒める。 表面の色が変わったら、味噌、醤油、砂糖、酢、水を加え、3の薬味も全て入れる。 蓋をして5分ほど中火で蒸し煮する。
  6. 蓋をとって強火にし、煮汁が半分になるまで煮詰める。
  7. 4の茄子を鍋に戻して、煮汁を絡めるように煮る。 味見をして好みに合わせて調整して、なんとなく煮汁がトロッとすれば出来上がり。 器に盛っていただく。

味噌によって塩加減が大きく違うので、醤油は少なめに使って後から増やすなどして調整してください。 茄子を戻してからの最終的な煮詰めも、他のおかずとの取り合わせで、あっさりも良し、こってりも良し。 こってり煮詰めた場合には、粉吹きイモや里芋などを添えても良い相性です。 翌日が心配ならニンニクは省いても。

|

« 着ぐるみ | トップページ | 今からできること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嫁だって食べるよ:

« 着ぐるみ | トップページ | 今からできること »