« 自然はそんなに甘くない | トップページ | 三島散策、ナメコのお土産付き。 »

2009.11.07

いろいろな美

● 高校時代の部活の後輩のお父様が急に昇天され、告別式に参列。 ずっと競馬関連のお仕事をなさっておいでだった。 式が始まる前、参列者が着席した状態で生のエレクトーン演奏のBGMが静かに流れており、耳を澄ますとなんとフォスターの「草競馬」。 ゆっくりと物静かに弾かれると、曲の輪郭がはっきり伝わってくるようでとても新鮮だ。 ああきれいな曲だったんだな、と、目から鱗。 いや、耳から鱗か。

● 参列した方々も競馬関係者が多く、お亡くなりになった場所まで同行していたという岡部幸雄元騎手が弔辞を読まれた。 立ち姿やお辞儀の姿勢の美しさったらない! 思わず見とれる。 見慣れた茶道系所作の美しさとは全くの別物。 筋肉の使い方が大きく違っている。 あのお年で(失礼)あの姿勢は素晴らしい。 所作の美しさにもいろいろな種類があるのだなあ。

● いつもばかなことを言い合って笑い合う相手が、神妙に喪主を務めている姿・・そのギャップが胸に堪えてしんみり。

● 計らずも、つながりの深かった部活の仲間が、お通夜と告別式の二日間に分かれて約半数ずつ集まり、顔を合わせる。 喪主によれば、「お通夜参列組」は通夜振舞いの席でもそこそこ長尻していたらしいが、「告別式参列組」は出棺を見送った後、近くのファミレスに移動。 学校正門の真正面にファミレスがあった、ある意味とんでもない高校だったので、同じメンツで大きなテーブルを囲んでいると、タイムスリップしているような気分になる。 みんないいオジサンとオバサンだけど。 あっという間に時間が過ぎて、帰宅が予定より遅れた。 朝暗い内に家を出て、すっかり真っ暗になってから帰宅したのも、ずいぶん久し振りのこと。 帰り道の月が冷たくきれいだった。

● しばらく前に「デイリーポータルZ」の投稿コーナーでMVPをもらい、ご褒美に「サトウのごはん」をひとパック頂戴する。 たったひとパックの為にわざわざ包装して送料をかけて宅配便で届けてくれる、その「割に合わなさ加減」がいかにも「デイリーポータルZ」っぽくて半笑い。 まだ何となく疲れが残る土曜日、「ゆるい感じ」にほっと和ませてもらった。 

|

« 自然はそんなに甘くない | トップページ | 三島散策、ナメコのお土産付き。 »

コメント

仕事がちょうど予算編成の時期で、参列できませんでした。

Y君のお父様、競馬関係のお仕事だったんですか...新橋の職場の近くのJRAの広報室が、最近リニューアルされました。

今年はウチの学年は卒業30年の記念学年で、8月の同窓会に向けて1月からたびたび同期の集まりがあり、今もあちこちで集まりが持たれています。

リーボーの学年は4年後かな。
それまで、しっかり横のつながりを作っておくと良いですよ。

投稿: Lazybones | 2009.11.07 22:16

Lazybonesさん、お久しぶりです。
お目にかかれなくて残念でした。

ええ、一時は『神』扱いされたほどのお方だったようです。 遺影のダンディーさに驚きました。 関係者の方々もたくさんお見えで、そちら方面にはあまり詳しくない私でさえ、「おっ!あの方は・・」というお顔がいくつもありました。 たくさんの方々と交流があったご様子で、『爆ウー』などは友人であるY氏本人よりも、お父様と会っていることの方が圧倒的に多かったと申しておりました。

喪主曰く、お父様は「生涯現役」がモットーだったとのことで、その通りに生き抜かれて、ご家族は悲しいながらもご納得されておいでのご様子でした。

だんだんとお葬式関係の話題が増える様な年代になってきたと、複雑な気持ちがしています。

投稿: リーボー | 2009.11.08 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな美:

« 自然はそんなに甘くない | トップページ | 三島散策、ナメコのお土産付き。 »