« 寒波 | トップページ | やっと »

2009.12.19

はじめにみことばがあった

時々タロットカードを展開する。 元は客商売をしていた時にお客様の要望に応じるために身に付けた。 もちろん一般的には「占い」の範疇に含まれているのだが、私は純粋な「占い」としてではなく全く別の要素に惹かれていた。 それは、タロットカードと「言語」との関連だった。

タロットカードの中の、特に「大アルカナ」と呼ばれる絵札には、一枚に対してたくさんの意味や単語が対応している。 「占い」に用いるためにはそれらを丸暗記する必要がある訳だが、カードの由来や絵札に描かれているモチーフの意味が理解されれば、自ずから、その札やモチーフの意味する内容が解るようになる。 この場合の「意味する内容」は「単語」に対応している訳ではなくて、雰囲気や漠然とした纏まりになっている「状況」のようなものだ。 そのカードの置かれた場所や、並んで開かれた他のカードとの関係を同時に考えることによって、漠然とした「状況」が具体的な「状況」へとだんだん絞り込まれてゆき、ピンポイントにまで精錬された時、初めてそれは「言葉」へと姿を変えて、依頼者に告げられるものとなる。

つまり、「言葉」は「状況」を固定化したもので、逆に言えば、「状況」は「言葉」に置き換えることによって固定化される。

私たちは学校で初めて英語を習った時に「これ」を「this」だと教わったが、日本語の「これ」と英語の「this」とでは、単語の歴史や背景、使っている人々の価値観まで違っていることを思えば、この二つは同じなのではなくて、他の単語に対して最も優位に対応しているに過ぎない。

私が見ている木の葉の色と、他の人が見ている木の葉の色は、違う眼球を通して違う網膜に写し違う脳で解析している以上、全く同じではない筈だ。 だが、それを「深緑色」という「言葉」に置き換えることによってのみ、その色は「深緑色」に固定され、言葉の持つ色を共通認識できるようになる。

「言葉」は不思議だ。 その仕組みを、タロットカードを扱う中で知ることができた。 聖書の冒頭に出てくる『はじめにみことばがあった』、この意味の大きさを改めて想うことも、クリスマスを迎える準備として、また相応しいのではないかと思っている。

・・ちなみに、私の場合、自分のことをタロットカードで展開することは許されていないらしい。 何故なら、自分の現在を示す位置には必ず同じ一枚のカードが導かれるからだ。 それは『女教皇』。 それがどんな「状況」を意味するのか、どういう雰囲気を伝え、どんな背景を示すのかはさておき、でも、『女教皇』のカードが総合的な私の「状況」をいつも固定化するものだとすると、それはそれで苦笑しつつも納得なのが悔しい。

|

« 寒波 | トップページ | やっと »

コメント

易者身の上知らず、ですね。
やはり占う人とその対象、そしてカード、というトライアングルが必要なのかな?

投稿: Mr.Spice | 2009.12.21 01:19

Mr.Spiceさん

「あんた、カードなんか開かなくても、もう自分の中で答え分かってるでしょうよ!」って、カードに言われているような・・。 面白いものです。

結局は、自分で何とかしろということなのでしょう。 いや、何とかできるかもしれないとしたら、自分しかないのかな。

投稿: リーボー | 2009.12.21 11:22

今日はイブですね。
メリークリスマス♪

タロットカード、私も持っていて一時期恐る恐る展開してみていましたが、読み解きが難しいですよね。
でも、絵が語るというか配置が語るというか、言葉にはならないのですが、なんだか状況がよくわかったりして、面白かったです。
よく、運命の環とか逆さ吊りの男とか出てきた気がする。

うわあ「女教皇」ですか。
なんだか、意味深なカードですよねぇ。。。
でも、確かにあなたらしいカードではありますねえ。

投稿: かおる | 2009.12.24 10:48

かおるさん、メリー・クリスマス!
ついに(やっと?)イブですね。
今夜のミサにはたくさんの方が集まれるといいなあ、などと思っていたところです。 こちら、今日は穏やかに暖かくてありがたいです。

学生時代には占いが流行る時期があるようで、誰でも一度くらいは友達に見てもらったとか、そんな経験があるんじゃないでしょうか。(私たちの頃にはC先輩がなさってたんですよ。)

面白いですよね。 喋っているのとは違う言語を、もうひとつ身につけている気分です。

・・私らしいですか? へへへ。 深追いせずに、そういうことにしておきましょうか。(爆)

投稿: リーボー | 2009.12.24 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめにみことばがあった:

« 寒波 | トップページ | やっと »