« it (今年も『クリスマスの約束』を見て その2) | トップページ | イタリアンを食べて思う »

2010.01.26

遠くの方で

はっきりした濃い甘さのお菓子も好きだが、飲み込む段になってやっとうっすらとほの甘いようなお菓子も、また美味しいと思う。 例えばリッツとかプレーンのプリッツとか、(ギンビスの)アスパラガスとか。 食べた瞬間は「ん?」と思うような寝ぼけた感じなのだけれど、小麦粉の味とバターの香りがして、最後にほんのりと甘くて後を引く。

急にお客様がみえることになったので、お正月の名残りのきな粉を使ってクッキーを焼いた。 あの「ほの甘い感じ」を狙ってみたら、ちょうど良い具合にできたので。

 ほろほろきな粉クッキー    20~25個分

  • 有塩バター    60グラム
  • 砂糖        25グラム
  • 薄力粉      80グラム
  • きな粉       20グラム
  1. バターはボウルに入れて室温に戻すか、電子レンジで15秒ほど加熱しゆるめて、練っておく。
  2. 1のバターに砂糖を加え、盛大にかき混ぜてふわっと白っぽくする。
  3. 薄力粉ときな粉を加えて均一に混ぜる。
  4. 指先で直径2センチ大の球形に丸め、オーブンペーパーを敷いた天板に並べ、170℃に余熱したオーブンで15分焼く。

 ●卵は入れません、ベーキングパウダーも使いません。 ●混ぜている時にはボロボロで纏まらないように見えますが、指先に力を入れるようにすれば、くっ付くこともなく丸められますのでご心配無く。 手のひらで転がすと、逆に纏まりません。

立春が近づき、ぴんと張り詰めていた寒さの糸の一番底の一本だけが、何となく緩んできた感じがする。 寒い時期はどうしても、濃い甘さのしっかりしたお菓子で濃いお茶を楽しむことが多かったが、どことなく漂う気配を探すような、そんなお菓子も登場させて春を呼び込みたい気分になってきた。 体は正直だな、と、思う。

|

« it (今年も『クリスマスの約束』を見て その2) | トップページ | イタリアンを食べて思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠くの方で:

« it (今年も『クリスマスの約束』を見て その2) | トップページ | イタリアンを食べて思う »