« イタリアンを食べて思う | トップページ | 本でフード・ジャーニー »

2010.02.02

積雪

この冬初めて雪が積もった。 薄っぺらであっても、銀世界はそれなりにきれいだ。 雪が積もると土地の境界が消えて、全部フラットに繋がったように見える。

どれだけの人が亡くなったのかも分からないというハイチの地震。 大方の予想を覆して理事に当選した相撲の親方。 地検から繰り返し事情聴取を受けている現役国会議員。 鍋をつつきながら晩酌をする私。 どれもこれも、現実で、それぞれの現場だ。

とても広い範囲で繋がり影響を及ぼしあっているように思える時もあるのに、実はものすごくパーソナルに感じられることもあり、情報は本当に不思議だと思う。

雪の積もった景色をガラス越しに眺めながら、世界と自分、他人と自分の境界について考えていた。

|

« イタリアンを食べて思う | トップページ | 本でフード・ジャーニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積雪:

« イタリアンを食べて思う | トップページ | 本でフード・ジャーニー »