« アゲイン | トップページ | インドアな週末 »

2010.04.07

鯵を焼く

魚屋さんで中型の鯵が売られていたので、2匹包んでもらってきた。 せっかくいい鯵を手に入れたというのに、なんだかんだでくたびれてしまって、お刺身を造るのが面倒だし、生ものを口にするのもこんな時はちょっと心配だ。

しばらく考えてから、春っぽい素材と共に変則の二杯酢でいただくことにした。

鯵を普通に塩焼きに。 どうせ後で皮は剥いでしまうから、ゼイゴもそのまんま。 こんがりと焼けたら冷めないうちに皮や骨を除き身をほぐす。 春キャベツ2枚をさっと茹で、同じお湯で新物のワカメも湯通し。 キャベツは絞って半分に切ってから1cm幅程度に切り、ワカメも適当に切る。

酢大さじ3、醤油大さじ1強、みりん大さじ1、砂糖ほんのひとつまみを、小型の耐熱容器に合わせて電子レンジで20秒ほど加熱し、軽く沸騰したところにショウガのみじん切りを小さじ1ほど混ぜて冷ます。

大葉2枚を軸を除いて適当に刻み、切った茹でキャベツに合わせ混ぜる。 器に3つの山を作るように、キャベツ、鯵、ワカメをこんもり盛り合わせ、食卓に並べる直前に調味酢を上からかけてできあがり。

疲れた時にはお酢が嬉しい。 塔菜のお浸し、厚揚げの煮物、新ジャガのお味噌汁と一緒に、あっさりとシンプルにお腹の負担も少ない和食の夕飯になった。

|

« アゲイン | トップページ | インドアな週末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯵を焼く:

« アゲイン | トップページ | インドアな週末 »