« 鯵を焼く | トップページ | お久しぶりでございます »

2010.04.12

インドアな週末

三崎亜記さんの「コロヨシ!!」を読む。 あーこれ映画で見たいな、と、思った。 流行りの3D技術やCGの活かし所満載だ。 (・・もしかしたら、初めからそれを意識して書かれているのか??) 解かれていない伏線も多々あり、多分物語は続いてゆくのだろう。 ちょっと毛色は違うが、日本版のハリーポッター風で面白かった。 続編に期待。 三崎さんの作品の、全体を見据えての構成がいつもしっかりと組み立てられている感じが、私は好きだ。

週末に珍しくテレビドラマを見た。 ひとつはNHKの「大仏開眼」。 前週からの続きの後篇。 『何故にわざわざ大仏だったのか』がずっと疑問で、そこのところを知りたかったのだが、ドラマの重点は別の部分にあり、軽くスルーされてしまっていた。 それについては『ますたあ』と、「要するに、国としても、権力者達からも、一般人からも、どこからも文句が出ないモチーフであることがポイントだったんじゃないか?」という話となり、それに加えて、多くの分野やたくさんの人が参加できる「拡がり」が含まれていることも、もうひとつのポイントになるだろう、と、話す。 「じゃあ、今の世の中にとっての『大仏』は何か。」 ちょっと前の「インターネット・テクノロジーの普及」や、まさに最近の「環境関連事業」が、『現代の大仏』に当たるのかもしれない。

もうひとつは、フジ系の3夜連続の長い長い「わが家の歴史」。 そんな筈ではなかったのに、結局ほぼ全編見てしまった。 三谷幸喜さんのドラマは、どこかに何かが隠されているんじゃないかと気が抜けないので、ちょっと別な意味で疲れる。 全く違う時代内容を描いたふたつのドラマだったのに、「人」という部分だけを切り取れば、驚くほどに共通項が多く、結局人間のやることはあんまり変わっていないものなんだな、と、つくづく思った。

私には、集中が過ぎて現実に戻れなくなるという妙な癖があるので、本当は小説もドラマもあまり得意ではなく、普段は自制しながらのお付き合いとなっている。 先週末はかなり珍しく、なんだかんだと満喫してしまった結果になった。 ・・もう既に、一年分楽しんだような気になっている。

 ● 三崎亜記 著 「コロヨシ!!」 平成22年2月26日初版 角川書店

|

« 鯵を焼く | トップページ | お久しぶりでございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鯵を焼く | トップページ | お久しぶりでございます »