« 「達観」と「内包」 | トップページ | それでも春は来る »

2011.03.12

最低限「邪魔をしない」という気遣い

ただ、祈っている。

今はまだ、敢えて何もしないことが、相手のため全体のためであるという判断の元。

静かに、謙虚に、じっとしている。

|

« 「達観」と「内包」 | トップページ | それでも春は来る »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最低限「邪魔をしない」という気遣い:

« 「達観」と「内包」 | トップページ | それでも春は来る »