« 大丈夫です | トップページ | しょっぱい味がした »

2011.03.17

いつものことと特異なこと

昨日いつもどおり「一週間に一度」の買物に出かけた。 こんな時に・・でもあるし、出かけた本人も非常に複雑な気分。

一体どんなことになっていることやらと、かなり心配してスーパーマーケットの店内に入って行ったのだが、比較的冷静な状況で、「何もかもスッカラカン」ではなくて予想をはるかに凌ぐ品揃えだった。 それでもやはり米とパンとお餅、納豆は棚が空っぽで、インスタント麺や乾麺、牛乳とヨーグルト類、豆腐類、ちくわなどの練物類、食用油がかなり寂しい状態だ。

店内は節電のおかげで薄暗い。 木造の建物ならまだしも、鉄筋の、それも近代的な建物であればあるほどに、中が薄暗い時の『うらぶれた感じ』は強いように思う。 恐怖心のようなものを感じさせる何か。 夜の病院の廊下とかの、あの感じ。 カートを押しながら通路を行き来している間にも、不安を煽られるような気分が積み重なってきて、買占めに走ってしまう気持ちがちょっとだけ分かったような気がした。 停電が起きるのも仕方ないし、節電にも諸手を挙げて賛成だけれど、この暗さがもたらす感覚は、消費者の心理に色々な悪影響を呼び込みそうで、嫌~な怖~い感じ。

こちらはいつもと同じ一週間分の食材の買い物で、決して買い占めているわけではないのであっても、結果としてカートの上にはそれなりの量の食材が乗ってしまう訳で、他の買い物客の視線が痛かった。 「あの人、あんなに買い込んでる!」みたいな、明らかな攻撃的視線を飛ばしてくる方もあったし。 世の中全体がぎすぎすしていることを、身に染みて感じた。

早く「いつものこと」が「いつもどおり」な世の中に戻ると良いのだけれど。

|

« 大丈夫です | トップページ | しょっぱい味がした »

コメント

今日、近所のコープに行きましたが、 僕は適度に暗くて品薄な感じが、なんだか外国のマーケットみたいに思えて、逆に落ち着きました。
建物の雰囲気とかにもよるんでしょうね。
最近のスーパーやコンビニはちょっと明るすぎる気がしてまして。

投稿: Mr.Spice | 2011.03.17 22:44

Mr.Spiceさん

落ち着く感じを醸し出せていたら、そこのコープは節電に成功できていますね、きっと。 そういうお店もあることを知って、ほっとしました。 私は外国のスーパーには行ったことがありませんが、お国柄もあるでしょうねぇ。 興味深いです。

お店の状況が違うので一概には言えないのだと思います。 確かに普段のコンビニは眩し過ぎる気も!
照度ひとつとっても、実はそのお店の経営センスが現われているものなのかもしれないと思いました。

投稿: リーボー | 2011.03.18 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつものことと特異なこと:

« 大丈夫です | トップページ | しょっぱい味がした »