« 「ひとりじゃない」と言うけれど | トップページ | (手紙のように。) »

2011.04.26

ヨシダ・ソース

輸入食材を扱うお店を眺めるのが好きだ。 「なんじゃこりゃ?」みたいな商品を見つけるとワクワクする。 特に素材の水煮缶やシロップ煮、調味料やよく分からないソースの類は、もう見ているだけで楽しくて仕方が無い。 で、いくつか「怖いもの見たさ」ならぬ「怖いもの食べたさ」の誘惑に負けて買ってしまうのが常。

かと思えば、いつも気にしているのに迷いつつも買わなかったものもあって、その代表格が『ヨシダ・ソース』だった。 アメリカでテリヤキと言えばヨシダと決っているほどに、現地では有名だと聞くが、照り焼き味は砂糖とみりんと醤油で簡単に作れるし、普段着の和食とは切っても切れない関係で食卓にもしばしば登場するから、わざわざ買うには踏ん切りがつかなかったのである。

そんなこんなしている間に、かれこれ20年近くが経過し、そろそろ踏ん切りをつけたいと思っていた矢先、ちょっとしたきっかけを得たので、えいやっ!とばかりに一瓶買ってみた。

結果としては「甘さの強い照り焼き味」・・そのまんま。 ちょっと醤油を足さないとウチではつらい。 でも、煮詰めなくてもトロミが付いている様子は、使いようによっては便利なのかもしれない。 不思議なのは香りで、これは何か特別な良い香りがするのだ。 醤油とみりんと砂糖を煮詰めただけでは、こんな芳香はしてこない。 スモーキーなものではなく、どちらかというとバニラっぽい甘い香りで、食欲がそそられる良い香り。 香りの調合は完璧だ。 魚介類を相手にした時にも、この芳香のおかげで生臭さが一気に消える。 外国の方は魚の匂いには敏感なので、評価が高いのも頷けるが、逆に、日本人の感覚から言わせて貰うと、魚が魚たる所以まで消されてしまう印象で、「この味でこの香りだったら、素材に何を使おうが同じ味に出来上がってしまう」、と、感じる。 たかが照り焼きでも、何を美味しいと感じ、何が邪魔だと思うかで、好みや国民性がはっきりと現われる様で面白い。

とりあえずオーソドックスに鶏やブリ・厚揚げなどと合わせてみたが、まだ相当量残っているので、色々とチャレンジしてみたいと思っている。 海外の「じゃじゃ馬調味料」をどのように調教し手懐けてゆくかも、ある意味においては腕の見せ所か。

|

« 「ひとりじゃない」と言うけれど | トップページ | (手紙のように。) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨシダ・ソース:

« 「ひとりじゃない」と言うけれど | トップページ | (手紙のように。) »