« だらーんと梅雨らしく | トップページ | 出来上がり »

2011.06.27

ちまちま

梅雨の晴れ間、といっても「曇り間」ぐらいの状態だったが、久しぶりにドライブをしてきた。 トイレ休憩やつまみ食いを兼ねて道の駅などに立ち寄ると、農作物直売所のような施設が設けられており、ついつい見てしまう。 同じような施設でも場所が違えば品揃えも全然違う印象で、へーとかふーんとか心の中で突っ込みながら、なかなか面白い。

小粒のビワがビニール袋一杯に詰められていて100円。 市場には流せないようなSSサイズで、いかにも「庭の木になりました」という感じ。 オレンジ色が濃くて美味しそうに見えたので購入。 種ばっかりみたいな状況だったら、ほぐしてからシロップで煮てゼリーでも固めよう。

続いては、これまた細かい粒のプラムが赤々と。 こちらも100円だそう。 梅干くらいの大きさで、ポイポイと食べられそうだ。 ちっちゃくて何と可愛いこと! いくつか並んでいる袋の中から、赤い色の強いものを選んで買う。 酸っぱかったらジャムでも煮れば良いや。

青梅もぱんぱんに袋に詰められている。 小粒な上ちょっと表面に傷があるけれど、新鮮そう。 えっ、こんなに入っていて100円なの?! 買います、買います。 夏バテしないように梅シロップを漬けよう。 この前安売りでストックしておいたお砂糖もあった筈だし。

図らずも、どれもこれも皆、同じような大きさで、厨房に並べたら可笑しくなってしまった。 ちっちゃくてちまちましたものが並ぶと、可愛らしさオーラも全開だ。 ゴルフボールをひと回り小さくしたようなものばかり、それぞれ袋にみっちり詰められて、それぞれに季節ものらしく色鮮やかにアピールしている。

食べてみると、ビワもプラム(「大石」と「太陽」の品種が混じっているみたいだ。)も、個体差は大きいが想像していたよりも甘くて、加工する必要も無くそのまま生で楽しんでいる。 青梅は早速梅酒ビンを奥から出してきて、砂糖と一緒に。 ものの数時間で、凄い勢いでジュースが上がってきて、あまりのスピードにびっくり。 今まで何度も作ってきたがこんなのは初めてだ。 まだ出来上がってみないと、それが良い事なのかどうかは検証できないけれども。

青梅の鮮やかな緑色と、真っ白な砂糖、そのコントラストを蓄えたガラスの大きな梅酒ビン。 とてもきれい。 厨房に足を踏み入れる度に、真っ先に目に付く。 季節のエッセンスを集約したみたいで、こういう物が厨房にあるということが、こんなにも様になり絵になるものなのかと、しみじみ感心して眺めている。

今日も湿度が思いっきり高い。 早く明けないかな、梅雨。

|

« だらーんと梅雨らしく | トップページ | 出来上がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちまちま:

« だらーんと梅雨らしく | トップページ | 出来上がり »