« 夏の読書 | トップページ | てっそん »

2011.08.27

そうだったんだ

たまに、いや、結構な頻度で目にするステッカー。 車のリア・ウィンドゥ辺りに、後続車からよく見える感じで貼ってある「Baby in car」。 あれは貼ることにどういう意味があるのか、全く理解していなかった。

「子供も一緒だから(何か失礼なことがあっても、ちょっと)大目に見てください」とか、「急ブレーキをかける危険があります」とか、そんな意味だと思っていた。 後続車を運転する立場からすれば、「前の車に万一ぶつけると、損害補償額が大きくなりそうだな」などと思い、車間距離を多めにとったりするような、そんな感じだったり。

ところが、全く違っていたらしい。 あれは、事故に巻き込まれた時にレスキューの人に知らせる為とのこと。 体の小さい子供はシートの隙間にはまってしまったりして見落とされ、救助してもらえなかったりするリスクが高くなるので、「車内のどこかに子供が残されているかもしれない」というサインとなるものだと。

知らなかったよ、そんな意味だったとは。

中にはステッカー自体に損害賠償保険付きという商品もあるとのこと。 ふーん、そんなことになっていたのか。 (検索かけると沢山出てきますので、興味のある方は調べてみるとよろしいかと。)

物事を知らなさ過ぎとはいえ、なかなか驚きだった。

|

« 夏の読書 | トップページ | てっそん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうだったんだ:

« 夏の読書 | トップページ | てっそん »