2009.11.16

リアルとバーチャル

たまに私の実家方の(既に亡くなっている)祖父が、「非現実的手段」で私の元にやってくるらしく、日本酒が飲みたいとのこと。 残念ながら私はいつもビールかラムかウィスキーなので、急に日本酒と言われても持ち合わせが無い。 料理用のお酒ではあんまりなので、今度買い物に出かける際に見繕ってくるから、と、しばらく待ってもらうことにした。

祖父がどこに居るのか知る術もないが、普通に考えたら飲んだり食べたりするような世界ではないだろうから、「飲みたい」と言われたところで妙なものだ。 かと言って、お供えされても嬉しくないらしく、私が代理として(?)飲めばそれで良いらしい。 正直なところ訳が解らないが、お酒や食べ物だったら付き合うのもやぶさかではないから、まっいいか、ぐらいの気持ちだ。

最近はめっきり耳にしなくなった「セカンド・ライフ」、あそこにもバーなのかビア・パブなのか、そういった飲み屋があるらしい。(私は不参加なので聞き覚えだけ。) で、自分のアバターに好みのお酒を飲ませることができるし、そこに集う人と会話しながら飲んだり、一杯奢ってあげたりすることもできるという。 アバターにお酒を飲ませている人が、現実社会では下戸だったりする場合もあるだろうし、現実も酒好きだったりも当然あるだろうし、どんな欲求を満たすためにアバターにお酒を飲ませているかはそれぞれな筈。 でも、アバターがどんなに美味しいお酒を飲んだって、当然自分はシラフな訳で、じゃあ何が楽しいのかと言われたら、上手く説明できなくなる。

これって、祖父と私の関係に全く同じじゃないか。

私の過ごすリアルな現実世界を真ん中にして、祖父の過ごすバーチャル世界がすぐ隣り合わせにあって、別側の隣には「セカンド・ライフ」のような別のバーチャル世界があるのだろうか。 もっと書いてしまうと、私には祖父の過ごす世界はバーチャルだけれど、祖父本人にとってはリアルな筈で、逆に私の過ごす世界は祖父にとってバーチャルなのではないだろうか。 ・・などと考えていると訳が判らなくなる。 メビウスの輪を見ているような感覚。

とりあえず買ってきた日本酒、寒くなってきたのでお燗にして飲んだ。 「美味しい!」と思ったのは事実だが、私が美味しいのか、それとも私を通して飲んだ祖父が美味しがったのかは謎。 「おじいちゃん、美味しいねー!」と心の中で言って、それ以上考えるとお酒が不味くなりそうだったから、やめにしておいた。

まったくもう・・何が何だか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.10.20

きっと「開けっぴろげ」

まだ上手く表現できないのに、見切り発車してみるけれど・・。

「開いている」と、「勝手に繋がる」ことが多くて、それはこちらの意思や都合とは無関係に、どどどーっと流れ込んでくる感覚に近い。 (すみません。 何が開いていて、どこに繋がっているのか、自分でも分からない状態でして。) しかも、圧縮ファイルのように一瞬で届いて、その後で徐々に解凍されてから、やっと内容が判ってくる。

相手が人間でも、動物でも、植物でも、なんだか得体の知れないエネルギーのようなものでも、勝手に繋がって、勝手に来る。 理解できることもあるし、さっぱりちんぷんかんぷんなこともある。 理解できる時も、言葉で分かる時、画像で分かる時、イメージの塊のようなものの時、と、様々。 妙なことにどれもこれも感覚の質感があって、凄くリアルな感じだ。

そんな時、こちらも同時に何処かに繋がりに「行っている」のかは、まったくもって不明。

幻視・幻想・幻聴などとは種類の違うものだということは、多分、間違いがない。 分からないだけに100%とは言えないが、頭の中で作られているものとは別物だと思う。 リアルなくせに、実際は見えている訳でも、聞こえている訳でもなくて、いったい何の感覚器官で捉えているのか、自分でも他人事ように不思議だから。

余りに訝しすぎるから自分では否定したいのだが、徐々に最近、それらのシステム?が系統立って構築されてきているような気がして怖い。 その怖さは、得体の知れないものに対する怖さであると共に、狂ったりしなければいいがなあ、と心配する怖さでもある。

で、そもそも「感覚」とは何かを別のアプローチから探ろうと、哲学の本を読み始めた。 (・・先は深く長そうで、これも別の意味で怖い。 完全に私の理解の範疇を超えている気がする・・お~怖~。 とりあえず足だけ突っ込んで、ズブズブだったら、とっとと見切りをつけて逃げて来よう。)

「開いている」という感覚と、それも多分「開けっぴろげ」になっているような自覚だけは、ある。 で、どどどーっと流れ込んでくるものに圧倒されて、結構疲れている。 そのくせ、どうやって何を閉じたらいいのかを知らない。

試行錯誤で探るしかないか? 今週は運動量を増やして、わざと実際の身体を疲れ気味にしながら様子を見ているが、今のところ望ましい影響はあまり出ていないようだ。(おかげでビールとごはんは美味しい! あっ、これはいつもか。)

なんなんだ、これ?? (なんて言われたって困りますよねえ・・ごめんなさい。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)